青木葉 Eatful・Life

料理は基本的に何でも自分で作るスタンスです。卒煙&卒酒。外食はラーメン中心。ダイエットしてるつもり(笑)

タグ:鶏胸肉

今日は一年お世話になった注連縄と神札の返納に北海道神宮へ。円山公園駅から裏の鳥居から入るのが最短ルートなので大抵の人はそちらから入るけど、自分はぐるりと回って正面の鳥居から入ります。御神前でショートカットはいけないと自戒してます。
20191230kareitatsuta001
今年も一年ここまで無事に・・・とは言えなかったけど、久しぶりに頑張って生活出来た事に感謝せねばならない。とにかく人生ど真ん中の折り返しで大転換の年でした。まさか本当に100年生きる気か!ってゆーね(笑)
20191230kareitatsuta002
30日の参道はまだいつも通り穏やかな空気。しかし明日にはここもテキヤのトラックで埋まりとても静かな気持ちでは参拝できません。なので自分は神宮では初詣しません。来年来るのは例年通り4~5月頃かな(笑)
20191230kareitatsuta003
一年の感謝を奉納。以上。それだけです(笑)
20191230kareitatsuta004
久しぶりに引いたおみくじは・・・・

大吉!!

しまった!大吉引いた年はあまり良くな。。あ、もう明日で終わるから良いのか(笑)
神宮では伊勢神宮大麻と神札をいただいて帰ります。で、この後あんな昼飯です(笑)
20191230kareitatsuta005

今日の晩飯も何もイメージ無かったけど、冷凍保存しておいた鶏胸肉で唐揚げにでもしようかと漠然としてた所、真ガレイが目に留まったので鶏とカレイで竜田揚げにしよう。
20191230kareitatsuta006
なるべく肉厚なやつを買ってきました。
20191230kareitatsuta007
カレイの目玉って飛び出て可愛いんだけど、よく見ると黒眼が怒ってて(((n;‘Д‘))ηコワイワァ
20191230kareitatsuta008
で!数年ぶり?に、五枚おろしに挑戦!どうですかぁ!! って調べたら以前は2018.11.28『【おうちご飯】黒カレイの唐揚げ・中華あんかけ』で一年前だった(笑)
20191230kareitatsuta009
表側もどうですかぁ!! ・・・ん?
20191230kareitatsuta010
所々身がちょっと残ってた;でも合格点でしょう。基準知らんけど()
20191230kareitatsuta011
薄皮の黒い部分も、あまり洗うと味が落ちるのでこの程度で。。
20191230kareitatsuta012
ブツ切りにして下味付け。ついでに鶏の方も準備。ちょっと調味料は変えてます。
20191230kareitatsuta013
まずはカレイの竜田揚げから。手前2個が卵巣。正直カレイだけで十分な量でしたが;
20191230kareitatsuta014
まーこれが旨いのなんの。カレイも煮付けだけじゃもったいない。五枚おろしを覚えたら調理も色々広がりますね。今後は逃げずにもっと頑張ろう。
20191230kareitatsuta015
で、余計だったと後悔した胸肉の竜田揚げですが・・・
20191230kareitatsuta016
これがめっちゃジュワッとジューシーで、え?なに?これ胸肉でしょ?って驚いた(笑)久しぶりにタレ無しでも美味しい胸肉の揚げ鶏でした。どっちの揚げ物も半分残ったのでまた明日に。。
20191230kareitatsuta017
もう一品、土壇場で作った自家製明太子のタラモサラダ。明太子チビッとだけで少なかったけど、十分美味しいんじゃないかな。この二倍作ったので明日も楽が出来ます。え?明日が今年最終日?知らんがな(笑)
20191230kareitatsuta018
竜田揚げ材料)
真ガレイ(醤油、白だし、生姜汁)、鶏胸肉(醤油、味付塩こしょう、胡椒、生姜汁)、片栗粉、サラダ油、キャノーラ油、レモン、キューピーマヨネーズ
タラモサラダ材料)
北あかり、自家製明太子、生クリーム、鶏がらスープの素、胡椒、味付塩こしょう、キューピーマヨネーズ、自家製ドライパセリ


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

今夜は時間が無い、金も無い(笑)で、とりあえず鶏胸肉を買って来た。唐揚げが食べたかったのに土壇場でチキン南蛮に変更し、卵が無いからと買い出しに出る無能(´・ω・`)
20191210chickennanban001
下味処理しておいて小麦粉、溶き卵に絡めてフライパンで焼くだけ。
20191210chickennanban002
焦げてるし、卵も剥げてるし・・・気にすんな!(笑)甘酢ダレに浸けて
20191210chickennanban003
タルタルソースもかけて完成。うーん、やはりタルタルソースに玉ねぎを加えると水っぽくなるなぁ。塩振って水分出せば良かったです。
20191210chickennanban004
写真では分かりづらいけど、10分も焼いていたのに断面が薄っすらピンク(笑)でもこの程度のピンクさ加減は問題ないようです。実際このくらいなら中った事も無いしね。
20191210chickennanban006
で、胸肉なのにめっちゃふんわり柔らかで美味し!この柔らかさって、もしかして卵の効果?いや、小麦粉も肉を柔らかくしてくれるけど、チキンピカタといい、どうもそのカップリングが効果的なのかも知れない。いや、知らんけど(笑)今夜は完売、ごちそうさま。明日は魚が食べたい・・・(*´﹃`*)
20191210chickennanban005
材料)
鶏胸肉(おろしニンニク、塩胡椒、酒)、小麦粉、溶き卵、タレ(純米酢、醤油、甜菜糖)、サラダ油、タルタルソース(茹で卵、自家製マヨネーズ、キュウリ、玉ねぎ、鶏がらスープの素、塩胡椒)、千切りキャベツ、カリフラワー


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

今夜も時間が無いのでチキンピカタでも・・・と思ったけど、昼にオムレツを家族に作って出してしまったので、カツレツに変更。結果、時間も手間もかかり、卵も使ってるという(笑)胸肉は開いて叩いて、きび砂糖と黒胡椒をまぶして放置。かなり水分出ました。
20190719cutlet001
フードプロセッサーにパン粉、自家製ドライパセリ、粉チーズをパウダーにして、後はフライと同じ要領で。
20190719cutlet002
少ない油で6~7分揚げて完成。
20190719cutlet003
砂糖の効果で、胸肉もふんわり柔らか。美味し。カツレツは衣が薄いのでカツより油っこさを感じさせないのが良い。下味が薄味だったので、中濃ソースで食べました。四等分した胸肉の内、半分残ったので明朝に。ごちそうさま。夕食はもっとアッサリ和食路線で行きたいなと思いつつ、ついつい揚げ物を作ってしまう。反省;
20190719cutlet004
材料)
鶏胸肉(きび砂糖、黒胡椒)、塩、パン粉、ドライパセリ、粉チーズ、小麦粉、溶き卵、キャノーラ油、グリーンリーフ、ミディトマト、中濃ソース


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

長引く腰痛に加え、寝違えたのか首と肩も痛くなりどうしようもなくなって、ボルタレンローションを買いに行く。一昨日ツルハから500円割引券を貰っておいて助かりました;感謝。そして効き目もバッチリでした。で、兄弟曰く「痩せたら腰も治る」だと(笑)
20190708tandooridon007
昨日の時点で、今夜のメニューは買い置きの胸肉でチキンケバブでも作ろうかと検索してみるも、ピタパンに挟むメニューが美味しそうだけど自分でイーストを使ってピタを焼く時間も無い。つい最近まさにスーパーでピタパンが売ってあるのを見かけた覚えがあるのに、どこの店だったかを忘れてしまい∩(・∀・)∩ モウ オテアゲダネ
20190708tandooridon001
なのでタンドリーチキンに変更して、ピラフの上に載せて簡単ワンプレートメニューで済ませようと決まる。胸肉をヨーグルトとニンニク、スパイス塩胡椒で浸け込んで一昼夜。途中からカレー粉とケチャップも追加。ガス台のグリルでじっくり焼いてる間に、ピラフ作り。今回はお米までフライパンで炒めてから、炊飯器で炊きます。
20190708tandooridon002
炊きあがってから、ピーマンを加えて完成。やっぱり炊飯器は偉大!(笑)
20190708tandooridon003
相変わらずセンス無い盛り付けですがどうにもならんよ(笑)チキンにシラチャーソーススーパーガーリックをかけていただきます(´・﹃ ・`)
20190708tandooridon004
ガスの直火で焼いたチキンがタンドリーチキンっぽい(笑)案の定バサバサなのでモモ肉で作るべきだった;でもこれビールに合うでしょう。飲まんけど(笑) チンしただけのニンジンがめっちゃ甘かった。
20190708tandooridon005
何故か自分は日本米をフライパンでピラフ作るといつも失敗するので、今後は素直に炊飯器で炊こう。味はバッチリ。でも全体的に水分足りなさすぎてツライ晩飯でした(笑)
20190708tandooridon006
で、水分パサパサの後は水分たっぷりのデザートで(笑)やっとスイカを買ってきました。リンゴ4個と100円しか違わなかったら、スイカ1/4を買うでしょう。
20190708tandooridon008
あまり期待してなかったけど、これがめっちゃ甘い!ウンメー!今年は大当たりでした。明日もスイカですごちそうさま。
20190708tandooridon009
材料)
鶏胸肉(ヨーグルト、塩胡椒、クミン、コリアンダー、チリパウダー、カイエンペッパー、ケチャップ)、ピラフ(ななつぼし、米油、ニンニク、玉ねぎ、ニンジン、バター、ピーマン、塩胡椒、レモンペッパー、鶏がらスープ)、レタス、ミディトマト、ニンジン、マヨネーズ、シラチャーソーススーパーガーリック


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

昨日摘心したローズマリーと買い置きのズッキーニと鶏肉で何か作ろう。
20190620zucchini001
でも何も思い浮かばないので簡単にソテー。ローズマリーは短時間鶏肉に載せてるだけで染み込むくらい、強烈な香り。
20190620zucchini002
その前にピラフ作り。さすがに白米にローズマリーは合わなすぎる(笑)
20190620zucchini003
鶏ガラスープで炊いて15分。それでも芯が残ってたので炊飯器の再加熱モードで加熱。
20190620zucchini004
それで芯は無くなったけど、めっちゃオイリー過ぎたので、油を引かないフライパンで玉子と一緒に炒めてみた。なんかもう本末転倒(笑)
20190620zucchini005
小さいお皿に盛って完成。昼に食べたもので未だ腹が減らないので(笑)
20190620zucchini006
ピラフは良い感じに仕上がってます。
20190620zucchini007
しかし鶏胸肉は柔らかくする処理をしてないのでボソボソ;今夜は色々イマイチで反省です。やっぱりもうラーメン屋での大食いは止めましょう。家族にも迷惑かけてしまうので更に反省です(m´・ω・`)m
20190620zucchini008
材料)
鶏胸肉(塩胡椒、ニンニク、ローズマリー、米油)、ズッキーニ、ピラフ(EVオリーブオイル、米油、バター、ニンニク、新玉ねぎ、ズッキーニ、ニンジン、塩胡椒、鶏ガラスープ、ナンプラー、卵)、トマト、グリーンリーフ、自家製マヨネーズ


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

昨日、サンウェル月寒店で鶏レバーが半額安売りしてたので買ってきてサッサと煮付けておこうと思ってたのに、時間も生命力も足らずに昨日の内に作れませんでした。って事でまずは今夜のサブ副菜の鶏レバー煮から。
20190615torireba001
しばらく冷水に晒して血抜きして
20190615torireba002
生姜、本つゆ、あまくち醤油、味醂、三温糖で甘辛い煮汁に処理したレバー投入。10分ほど煮て冷まして待機。
20190615torireba003
もう一品、昨日の残り半分のおからを使って、ポテサラを作ります。しかしここで気が付いた!マヨネーズ切らしてんじゃん!!(;・∀・)
20190615okarapotesara001
って事でさっさと手作りした(笑)もうほぼ完壁ですよ。マヨ作りはもう失敗しません。
20190615okarapotesara002
塩揉みしたキュウリ、新玉ねぎに、ハム、ニンジンを加えて調整して冷蔵待機。
20190615okarapotesara003
胸肉は削ぎ切りにして柔らかくするために三温糖、おろしニンニク、胡椒、ナンプラーに浸けおき。
20190615chickenpiccata001
10分近く中火~弱火で焼いて完成。
20190615chickenpiccata002
やはり砂糖漬けにした胸肉は柔らかくなってますね。砂糖による甘味は気にならないです。ただ優しい味なので、シラチャーソーススーパーガーリックをかけると、甘辛ホットで更に食が進む。胸肉を一番美味しく食べられる調理法がピカタだと思う。
20190615chickenpiccata003
おからポテサラ。味見の時よりはシットリしてるけど、おからのポソッと感はあります。でも牛乳多めにしたので喉に詰まる感じでは無いです。美味しいです。でも正直ジャガイモ100%の方が良いなぁ(笑)
20190615okarapotesara004
そして鉄板の鶏レバー煮。美味過ぎて半分は食われてしまった(笑)食い過ぎ鼻血注意ですよ(笑)
20190615torireba004
ピカタ材料)
鶏胸肉(三温糖、おろしニンニク、レモンペッパー、ナンプラー)、小麦粉、溶き卵、粉チーズ、ドライパセリ、米油&シラチャーソーススーパーガーリック、マヨネーズ、カリフラワー、グリーンレタス、ミニトマト
ポテサラ材料)
おから、ジャガイモ(とうや)、牛乳、キュウリ、ニンジン、新玉ねぎ、ハム、鶏がらスープの素、ミニトマト
鶏レバー煮材料)
鶏レバー、生姜、本つゆ、あまくち醤油、味醂、三温糖


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

先日、ずっと酒飲みたくてモヤモヤしてた禁断症状をノンアルコールビールで疑似的満足させてやった結果、なんと禁断症状が消えました!!(笑)
やっぱりこういう事も大事なんだなと思った次第でございます。でも逆にスーパーでノンアルのコーナーを覗くようになったのは内緒(笑)で、原料を見ればアセスルファムKと書いててそっと置くという(笑)味的にも、原料的にもノンアルにハマる事は無いですね。ただヴェリタスブロイなどの無添加銘柄なら、真夏の日中に麦茶代わりに飲みたい(笑)
20190606cutlet001
今夜は昨日の内に買っておいた真鱈の半身(左)でカツレツにしよう。でもそれじゃ足りなくなるので、チキンカツ(右)も用意。塩胡椒、おろしニンニク、生姜汁、ナンプラーで予め揉み込んでおいて、小麦粉振って溶き卵に絡めて
20190606cutlet002
フードプロセッサーでパウダーにしたパン粉、粉チーズ、ドライパセリにまぶして揚げれば完成。
20190606cutlet003
何故かチキンがコンガリ過ぎ!(笑)ちゃんと玉ねぎを炒める所から作ったトマトソースは水分が足りずにゴロゴロ過ぎ!これこそフードプロセッサーにかけるべきでした;でもバジルたっぷり。
20190606cutlet004
タラがふっくら柔らかく揚がっていて超絶美味!乗り切らない2切れ分は明日に回しておきます。タラ半身は二枚分買っておいても良かったかな。今日も一枚¥380で売ってました。
20190606cutlet005
が!こちら胸肉のチキンカツもまたすごく美味しい。普通のカツやフライと違って、カツレツは全然油っこくなく、いつもなら半分は残る揚げ物も、油断したら全部食べ切ってしまう程の危険物です(笑)
20190606cutlet006
底の方を見れば分かるけど、衣がすごく薄いです。油断するとすぐ剥げ落ちる;薄いけど粉チーズでコクも円やかさもあり、満足度高いです。年齢的にカツ、フライがきついと感じるようになったらカツレツがオススメです。でも揚げ物なんて食べない方がもっと良いのか(笑)明朝分ちょっとだけ残してごちそうさま。バジルもまだまだ残ってるので明日何にしよう・・・
20190606cutlet007
材料)
真鱈&鶏胸肉(塩胡椒、おろしニンニク、生姜汁、ナンプラー)、小麦粉、溶き卵、パン粉(粉チーズ、ドライパセリ)、サラダ油、ソース(バジル、新玉ねぎ、ニンニク生姜、カットホールトマト、エリンギ、塩、レモンペッパー、鶏がらスープ、三温糖、バター)、グリーンリーフ、ミディトマト、マヨネーズ、シラチャーソース


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

このページのトップヘ