青木葉 Eatful・Life

料理は基本的に何でも自分で作るスタンスです。 本気断酒入り 外食はラーメン中心 ダイエットまだ先(笑)

タグ:西野

買い出し前の参拝。参拝時に快晴に恵まれると歓迎を受けた気になれます(笑)
20200921harakomeshi001
敬老の日、お彼岸、いつもより参拝客多めです。でも正面第二大鳥居からの参道はこの通り風通しが良く歩くだけで気分が晴れます。三か所あるどの鳥居から入ればどんな運によろしいとか色々言われてるけど参道には長ければ長い方が良い、つまりこちらです(笑)自分は横から入るなど不敬と考えてるので、雪の時期でも駅から遠回りしてこちらから入ります。そもそも神社仏閣は神頼み運試しの場所ではございません。
20200921harakomeshi002
中華圏からのツアーバスが来ないので参拝客は以前のような賑わいではないけど、GoTo参拝客が目立ちます。今回の連休で一気にコロナ感染が増えるでしょうけど、個人的には今まで通りの生活対処で問題なしと考えてます。どの都市でも一番の問題は夜の繁華街ですね。札幌ならススキノを避けて吉。そもそも酔って大声で唾飛ばし合いながら叫ぶように会話する酒の場自体が凶。そして自分は酒止めて良かったと無限ループです(笑)
20200921harakomeshi003
手水舎の流水が少なくなってるのが少し残念。
20200921harakomeshi004
神社の参拝では若いカップルが正しい作法をし、ジジババが逆にいい加減だったりと眺めてると色々楽しい。ひねくれてますかね(笑)日本人として神社での作法は箸の持ち方、挨拶の仕方と同じ出来て当たり前の事です。
20200921harakomeshi005
今日も良い日光を浴びることが出来て良かった。やはり参拝は快晴の日に。
20200921harakomeshi006
買い出し、昼食の後は五天山~ばんけいルートで帰宅。途中五天山でリフレッシュ。
20200921harakomeshi007
テーブルとベンチにカバーかけられ封鎖されてるのはコロナ接触防止のためか。ちょいと寂しい光景ではあった。
20200514nofuji028
家族連れで賑わってましたが、ソーシャルディスタンスなんて考えなくていい位の密度です。マスクをしてない人を非難する必要は無い。その代わり私がしてますので(笑)
20200921harakomeshi008
前回峠を越えられなかった先のばんけい苑。ああ釣りがしたい。。
20200921harakomeshi009
途中のトンネルに入ると照明が暗く、真っ暗で怖い!!なにこれ無理!と思ったらサングラスかけてました(笑)/(^o^)\ サングラス外したらこんなにも明るい(笑)それでも一車線なので背後から追い越していく車にビクビクしながら通過。
20200921harakomeshi010
心臓縮まりました(笑)ウォーキングでもトンネルは怖いです。六感的にヤバい所もあるので過去の経験から恐怖症ではある。やっぱり太陽の下が一番だわ(笑)
20200921harakomeshi011
では今夜の食事はイクラ丼。昨夜から仕込んでおきました。生のイクラ700gほど。
20200921harakomeshi012
お風呂のお湯くらいの温度で浸けてほぐします。
20200921harakomeshi013
今年はかなり簡単に皮から外せました。あまり神経質にカスを取らず程々に。
20200921harakomeshi015
煮切り酒みりん、醤油に浸け込んで
20200921harakomeshi014
一日浸け込んでいただきましょう。
20200921harakomeshi024

その前にマンボウで買って来たのはイワシを二皿で12尾。それで598円+税。安!
20200921harakomeshi016
それとアジを二尾で¥198+税、どちらも刺身目的。もし鮮度がイマイチだったらイワシは生姜醤油煮、アジは塩焼きにしよう。
20200921harakomeshi017
帰宅した時には匂いが出てたので心配だったけど、イワシは鮮度バッチリ。しかも脂の乗りもすごい。味見で問題無かったので全部刺身にします。
20200921harakomeshi018
アジもバッチリ。しかし二尾目を皮引き失敗;大丈夫、お店じゃないし気にすんな(笑)
20200921harakomeshi019
こんな時に見計らったかのように父方の叔母の実家で収穫された新米が届いた。コシヒカリ。本当に有難いです感謝感謝。
20200921harakomeshi020
イワシの雑盛りでございます。
20200921harakomeshi021
アジの適当盛りでございます。
20200921harakomeshi022
で、味見して分かってたけど、どちらも新鮮で美味し!
20200921harakomeshi023
自家製イクラ丼。ブログ内検索して驚いたけど、カジカのコッコしか漬けてない。おそらく北海道に来て初めて作った?て事は、もしかしたら15年以上ぶりに作ったかも(笑)
20200921harakomeshi025
そりゃ美味いでしょう!ってね。皮も柔らかく、弾ける弾力はもう一つだけど、これはこれで最高に美味しい。ドンブリ飯にイクラで一杯、お代わりしてお刺身でもう一杯(笑)もちろん米も美味しい。全部美味しくて大満足の晩メシでした。
20200921harakomeshi026
しかも食後は熟々のメロンも。でも美味しいものは少ない位でいいね。そんなに腹一杯食うモノでは無いなと痛感。でも十数年ぶりなら良いでしょう?(笑)ごちそうさま。
20200921harakomeshi027
材料)
イクラ漬け(純米酒、味醂、濃口醤油)、大葉、粉わさび、イワシ、真アジ。&茄子と豆腐の味噌汁。


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

今夜は、昨日のマンボウで買って来たカスべのほっぺをフライにしようと仕込み。
20200714hoppe001
おろしニンニク生姜、塩胡椒、白だしで丸一日漬け込み。でもフライじゃ油っこいので、少量の油で揚がるカツレツに変更。
20200714hoppe002
で、久しぶりにタルタルソースも自作で。
20200714hoppe003
パン粉は粉チーズとドライパセリと一緒にフードプロセッサーで微細に。
20200714hoppe004
このくらいの油量でOK。
20200714hoppe005
13個揚げて、9個を食卓へ。
20200714hoppe006
浅く少ない油なので油断すると焦げます(笑)
20200714hoppe007
自作タルタルソースぶっかけていただきます。作った時は良かったのに、新玉ねぎ、きゅうりの水分が出てしまって緩い;でもまぁ味は良しって事で。。
20200714hoppe008
カスべのほっぺは肉質も柔らかくふっくらして美味しい。しかし衣がすぐ剥がれる;ウスターソースも少し垂らして味変してみたけど、切らしてて試せなかった中濃ソースが一番合うかも。淡白なので下味はもっとしっかり付けておくべきでした。残り四つは明朝にでも。ごちそうさまでした。
20200714hoppe009
材料)
カスべのほっぺ(おろしニンニク生姜、塩胡椒、白だし)、小麦粉、溶き卵、パン粉、粉チーズ、ドライパセリ、自家製タルタルソース(茹で卵、マヨネーズ、きゅうり、新玉ねぎ、ピクルス、丸鶏がらスープ、貝柱スープ、レインボーペッパー、レモン果汁)、レタス、トマト、ブロッコリー


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

午前中雨に降られながら買い出しに出る。
20200713sashimi001
今日のマンボウでは目移りしつつも刺身に出来る魚目当てだったのですぐ決まりました。まずは手前のイワシ。一皿六尾で¥199とバカ安すぎ!(笑)しかもちゃんと刺身用の鮮度です。素晴らしい。
20200713sashimi002
次に赤ホヤ。一個¥129でこれも安いわー。嬉しいわー。
20200713sashimi003
もう一品、アジがいいかと思ったけど、折角なので北海道のハッカクを家族の端くれに食わせてやろう。他に銀鮭の切り身ともう一品明日の食材も購入。このお店が豊平区南区にあったら良いのに。。(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
20200713sashimi004
イワシは半分刺身、半分フライにしようかと思ってたけど、明日フライの予定だったので全部刺身にしちゃえ!(笑)
20200713sashimi005
って、下ろすのヘタ過ぎて(´・ω・)スマソ しかし脂の乗りがハンパない!夏なのに!
20200713sashimi006
ハッカクは相変わらず帰宅すると二重にして縛ったビニール袋を突き破ってリュックの中が大惨事という(笑)
20200713sashimi007
素手で捌くとトゲトゲの皮が手に刺さって痛い。痛いんじゃボケ!!と毒づきながらも軍手するのが面倒なのでしない自分が悪い(´・ω・`)
20200713sashimi008
赤ホヤ。
20200713sashimi009
相変わらずどこまで内部をキレイにしたらいいのか難しい;塩水で洗ってそのままペーパーに挟んでおいたけど、部分的に変色してしまった。しかし味は問題なく最高に美味しい!三陸の真ボヤと違って臭味も無くクセもマイルドで、コチラを先に食べてたら皆そんなにホヤを毛嫌いしないで済んだのよ (*´・ω・)(・ω・`*)ネー
20200713sashimi012
イワシの刺身。脂が乗り過ぎて皮引きで皮が上手く残せなかった;味も脂乗り過ぎて、最初の数口はめっちゃ美味しいんだけど、途中で拷問になった(笑)
20200713sashimi010
ハッカクの刺身。どうしても細く切ってしまう。もっと幅広に見えるような切り方を勉強しときます;こちらも物凄く脂乗ってます。美味いです。でも飽きます(笑)もう歳なんでしょうね。絶対本マグロの大トロなんて食いたくないもの(笑)あんなもん有難がるのはガキだけよ( ゚Д゚)y─┛~~ 
え?(二郎系)ラーメンの脂マシマシ?全部飲まないから大丈夫(*´ω`*)
20200713sashimi011

おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

最近孝一郎とマンボウの往復ルートでよく通る道に深澤青果の二十四軒支店?があって、今日初めて寄ってみた。いつも買い出しに行く本郷市場店よりは面積も品数も少ないけど、同じように野菜も安かったので幾つか買って来た。今日は使わないけど(;^ω^)
あ、水ナスを糠漬けにしたけど、ヘタの部分がカビてたので減点です(笑)
20200625sabamiso001
孝一郎での食後、今日のマンボウでは超ロングなサバが安かったので二尾購入。
20200625sabamiso002
今回は簡単にサバ味噌にしましょう。
20200625sabamiso003
サバ味噌!って決めてるのに、何故か醤油と味醂でセットしてしまう。アホか!(笑)疲れてるねぇ。。でも勿体ないので、醤油味醂を半分捨てて味噌追加。甜菜糖も追加して
20200625sabamiso004
計13分・・・煮過ぎた・・・
20200625sabamiso005
ああ、栽培してる山椒の木の芽も摘んで載せれば良かった。夕食時になっても全然腹減らないので本当にテキトーですわ(笑)
20200625sabamiso006
うん、煮過ぎて硬かった(笑)でも味は良し。自分は味見程度であとは豆腐と小葱の味噌汁一杯飲んだだけでごちそうさま。今日は昼メシ食い過ぎで夕食ちょっとしか食えず無念(食わなくてもいいじゃないか笑)
20200625sabamiso007
材料)
サバ、生姜、味噌、醤油、味醂、甜菜糖


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村 

最近買いに行く頻度の上がってきた、西野の激安小売店マンボウへ。
20200618nitsuke001
ここでのメイン購入はやはり鮮魚。やまもとさんとは違って庶民的なラインナップ。
20200618nitsuke002
どれも皿盛りなのでビニール袋に入れるのに難儀する。もうちょい大きい袋でお願いしますよ。。結局縛れなくて二枚三枚使ってしまうので無駄が多いです。
20200618nitsuke003
今日買って来たのは、煮魚用に青ソイ、黒カレイ。それとハッカク。この三種8尾で700円くらい。もう北海道最高(笑)
20200618nitsuke004
とりあえず青ソイと黒カレイを深フライパンに敷き詰め、
20200618nitsuke005
小鍋で金笛醤油、自家製だし醤油、味醂、甜菜糖を軽く煮詰めておいた煮汁で生姜と共に12分煮付けるだけ。煮汁が回るように、キッチンペーパー被せておけばバッチリ。火を止めたら食事まで余熱放置。
20200618nitsuke006
その間、ハッカクは頭と内臓とトクビレを落として開いて塩振ってキッチンペーパーに挟んで後日の朝食用に仕込み完了。
20200618nitsuke007
皿に移す際に崩れないよう、煮魚は温め直しません。
20200618nitsuke008
おかげで崩さず移せました。煮汁が美味しい。魚自体はちょっと肉薄だったかな。ソイもカレイも一尾ずつ残してるので明朝のおかずに。
20200618nitsuke009
もう一品、薄くスライスしたメロンを塩揉みし、ツナ缶と旭ポンズで和えただけ。トマトとベビーチーズ、胡椒、お好みでマヨネーズ。甘くない摘果メロンはこうやってサラダにも使えるし煮込みや炒め物にも重宝します。今だけの味です!・・・どんな味だって?味はウリだ(みもふたもない
20200618nitsuke010
材料は文中に書いてるので割愛)


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

今日は足を延ばして西野のマンボウまで買い出し。天気は良くないし肌寒いけど、雨に降られなかっただけ幸い。
20200608meuniere002
このお店では鮮魚コーナーが一番の目的。相変わらず鮮度がいい。迷う。
20200608meuniere003
ニシン、ハッカク、生銀鮭を購入。他に軽いスナック類と果物、十穀米など。。
20200608meuniere004
で、帰宅してTwitter見たら何やらストロングゼロがトレンド入り?ギネスで売り上げ世界記録だそうで、ほーん、世界はオレと真逆へ逝くかという感想。これからどんだけアル中患者増える事か。なんてのはもう断酒した自分にはどうでも良い事です。これの常飲者が断酒するのは相当な覚悟が必要でしょう。断酒後改めて痛感するけど、夜のTVではストロング系とビールのCMばかりで唖然としますよ。そりゃ流されて飲むか。ちなみに自分は断酒116日目。もはや酔いたいという気分にもならない。また飲む機会は来ると思う(笑)
20200608meuniere001
本日のメイン、生銀鮭。これでたったの¥890。
20200608meuniere005
でもサケマス類は身が柔くて下ろすのも難儀。今夜はこの半身だけ使います。塩胡椒振って晩飯直前まで待機。
20200608meuniere006
その前に、鶏皮買って来たので久しぶりに鶏油(チーユ)を作ります。これで1.7㎏。
20200608meuniere007
前回はステンレス鍋で火にかけて、ベットリ鍋肌に焦げ付いて洗うのが大変だったので、今回はサーモスのフライパンでトロ火~弱火でじっくり一時間半。
20200608meuniere008
鶏油を保存容器に移して、フライパンの鶏皮からまだ出てくる脂も追加したので実際は容器の縁ギリギリまで採取できました。あとは冷蔵庫へ入れて、固まるまで放置。
20200608meuniere010
フライパンの鶏皮を更に焼いて、味付塩こしょう振って
20200608meuniere009
食卓へ。カリカリ通り越してバリバリのボリボリ(笑)美味いけどさすがに飽きますね;これで1/3の量なので、残りは袋詰めして冷凍庫へ。何に使えばいいのだ(笑)以前ならビールを買いに走ってた事でしょう(笑)飲まないから減らない;
20200608meuniere011
生銀鮭は味付塩こしょうと小麦粉、バターでムニエルに。
20200608meuniere012
今夜はサラダも出す予定だったけど、作り忘れてもういいや;銀鮭美味しいねぇ。皮も柔らかく、そんなに肉厚過ぎないので肉質ボソボソでもない。残りの半身は何にしよう。とりあえず明日も魚メニューです。ごちそうさま。
20200608meuniere013
ムニエル材料)
生銀鮭、味付塩こしょう、小麦粉、バター、トマト、ブロッコリースプラウト、マヨネーズ &鶏皮せんべい、キュウリ


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

先日の家で食べた田舎蕎麦から、極めつけに野暮ったい田舎蕎麦が食べたいモードでした。幸い五天山方面に行きたいお店があるので、今日はそこで食べよう。
20180807zokuhachi01
お店のホール担当の奥様に尋ねると、夏野菜はパプリカや獅子唐との事。
20180807zokuhachi02
なかなかの人気店ですね。すぐに席が埋まります。
20180807zokuhachi03
かきあげ目当てで来たけど、以下の通りお休みでした。
20180807zokuhachi11
げそちくを田舎蕎麦のせいろで注文。並盛で300g、大盛りで2玉分という事で、中間の中盛で注文したけど、普通の客が頼むと多いよと釘を刺されるとネットで見たのに、自分はむしろ歓迎ムードで受けてもらえたのは何故だ!あ、この腹か・・・ 
20180807zokuhachi04
厨房では、天ぷら担当のお婆ちゃん、蕎麦茹で担当の奥様、ホール担当と三名体制。その後気が付けば四人になってましたが(笑)ご覧の通り、お婆ちゃんが小さめの鍋で揚げてるので時間がかかります。蕎麦の茹で時間も、冷して洗ってる時間も長いです。なので一番客か空いてる時間か、そもそも時間のある人にしか寄れませんね。サラリーマンの昼飯には無理でしょう。
20180807zokuhachi10
田舎蕎麦の中盛と、ゲソと竹輪の天ぷらセットの登場。
20180807zokuhachi06
蕎麦がネット画像で見るより太い!そして短い!
20180807zokuhachi07
箸で持ち上げると蕎麦がまっすぐ伸びて曲がらない(笑)ボソボソと言うより、奥歯にひっつく食感。これはちょっと自分の好みとは外れるなぁ。それと、これだけ存在が強い蕎麦に対して、ツユが薄く弱すぎるのも難点。これこそ甘っ辛いツユじゃないと逆に互いに殺してしまうと思う。
20180807zokuhachi08
しかしネッチリした食感の蕎麦に対し、天ぷらの油分が良い感じに口の中の潤滑油になってくれた。ここの蕎麦には天ぷらが必須でした。ちくわは子供の一口サイズですね。ゲソ天は大きく、しかしゲソは箸で千切れるので食べやすいです。ここでは蕎麦は普通盛りで十分ですね。ちょっと飽きが来ました。食べ終える前に、蕎麦湯も出して頂いて、ほとんど飲み切る。完飲完食ごちそうさま!
20180807zokuhachi09
次に機会があれば、温かいとりカレーを試してみたいですね。
20180807zokuhachi05

このページのトップヘ