青木葉 Eatful・Life

自炊おとこメシとたまに食べ歩きBLOG。卒煙&卒酒。健康についても勝手な持論書いてます。

タグ:秋刀魚

昨日の生鮮プラザにて、生のシシャモなんて初めて見たかも。しかしグラム¥220は高いので貧乏人はパスです;でもネットで検索すると、キロ5千~1万円とか目玉が飛び出ます。比較すればこちらはかなりの安値でした。シシャモの刺身か・・・いつか食べられるようになるのだろうか・・・
20191011sanmafry001

購入したのは今朝の朝食用にニシンをニ尾、それと庶民の味方、秋刀魚。一尾¥98。生サンマも加熱用は値段も落ち着いてきましたね。
20191011sanmafry002
折角のサンマですが、すみませんギタギタです;最初蒲焼にしようと思ってたけど、ボリューム感を出すためにフライにします。
20191011sanmafry003
しかし!油を熱し揚げる段になって、小麦粉が無い事に気が付く 晩飯オワタ\(^o^)/
買いに行くか悩みつつ、とりあえず検索してみると片栗粉でも代用できるようなので試してみましょう。
20191011sanmafry004
何とか普通に揚がりました。てか、味も良ければ小麦粉じゃなくてもよくね?(笑)トマトなどサイドの野菜は買いに行けなかったので今夜は寂しい食卓です;;
20191011sanmafry005
衣はカラッと、中はしっとり揚がってます。美味しいです。美味しいですが今日の体調では揚げ物がかなり厳しかった(´・ω・`)何でフライなんぞ作ったてめぇ!(笑)食べる前が一番美味しいのが揚げ物です!って事で(笑)ごちそうさまでした。
20191011sanmafry006
材料)
サンマ(にんにく塩、片栗粉、溶き卵、パン粉)、キャノーラ油、千切りキャベツ、レモン、中濃ソース、マヨネーズ


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

NOFUJIからの帰りに、西友で食材を物色、サンマが一尾¥77と安かったのでつい三尾購入してしまった。数分前にサンマのラーメン食ってたの忘れたのか!?と(笑)いやいや、サンマなんて毎日だって飽きませんからいいの(笑)
20181023sanma01
買ったはいいけどノープランすぎてどうしよう;とりあえず背開きにして水抜き。この状態ならフライ、はさみ揚げ、蒲焼きと何種類も応用できます。
20181023sanma02
やっぱり揚げるのがもうウンザリなので、蒲焼きで決定。小麦粉振って、同時進行で醤油ダレも横で仕込み中。
20181023sanma03
皮から焼きーのひっくり返しーの
20181023sanma04
タレが煮詰まり過ぎたので更に味醂で伸ばしてから加えーの
20181023sanma05
焼き上がりーの
20181023sanma06
タレが飴細~工の(笑)
20181023sanma07
皮がパリッと・・・を通り越して、まんま飴コーティング(笑)
しまったやり過ぎた!/(^o^)\
で、でも味は!悪くは無いです。次はもっとレア状態から薄めの醤油ダレを加えて焼きましょう。という事を忘れないように、ブログに書いておこう(笑)
20181023sanma08
もう一品、ささげの胡麻和え。やっぱりささげのサイズだと大きすぎて大味だなぁ
20181023sanma09
サンマ蒲焼き材料)
サンマ、小麦粉、米油、タレ(あまくち醤油、生姜汁、味醂、白だし、きび砂糖)、白ゴマ、グリーンレタス
ささげ胡麻和え材料)
ささげ、すりごま、醤油、きび砂糖、生姜汁


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

昼食の葉月から、琴似栄町通に出て北進、新川通を右折すればすぐの道産魚工房。前回腐敗が進んだハモを買った時に借りた保冷剤を返すのも兼ねて買い物(まず人聞き悪い事書くなと(笑)
20171028dosanko01
チラシを見ると昨日は有ったコハダとトロニシンが売り切れ;オオカミウオはこの間出てたそうだけど今日は無し。面白い魚も無いし、何かないのと発泡スチロールの中を覗かせてもらい、秋刀魚の刺身に決定。確か一尾で¥90、それを四尾購入。
20171028dosanko03
鮮度は悪くないけど、やっぱりサンマは死んだら血が回るね。四尾も一気に処理すると、皮むきもマスターできました。
20171028dosanko04
サンマの雑盛り(笑)身はシコシコムッチリで脂も乗っており旨い。ああ、でも今夜はサンマの気分じゃなかった。ニシンだ・・・ニシン・・・今度あったら絶対買おう。
20171028dosanko07
次に小振りな黒ソイが¥350?ちょっと高いなぁ・・・と思ったら、4尾分の値段だった(笑)体表の臭みは無いし鮮度もまだ悪くないので購入。これは最初から揚げ物要員。
20171028dosanko02
いつもは煮魚専用のソイなので、三枚に下ろすのは稀。しかも四尾いっきに下ろしたので、四尾目は結構手慣れてきました。一匹の腹を裂いたら胃袋から、大きい魚がニュルっと出てきた。サンマだった(笑)溶けてたけど形がはっきり分かる状態で胃袋に収まってたのが驚き。自分と同じ体長のサンマを丸呑みって、どんな胃袋してんですか;
勿論今夜はサンマの刺身なので、消化されたサンマの画像など載せませんよ!(笑)
20171028dosanko05
おろし生姜と酒、醤油で揉み込んで冷蔵庫へ。あとは片栗粉まぶして揚げるだけ。
20171028dosanko06
薄味だったので、山椒塩とマヨネーズでいただきました。これは旨い。ソイはどうやっても美味しい魚でした。でも最近揚げ物多過ぎ、しかも竜田揚げばかりで飽きてもいる;でも明日も揚げ物予定なんだなぁ;
20171028dosanko08
今回下ろしたソイの頭背骨を丸ごと一尾分、素揚げしてみた。食卓には出さず、食後手で毟って味見してたら、これが美味いの。やっぱりソイは頭部が旨い。カマや脳天、ホッペなど、どこも美味しかったです。やはり煮魚のほうが余すことなく食べられて良いです。
20171028dosanko09
ソイの肝、四尾分。まずまずの美味しさ。明日の魚も含めて、今日は10尾分下ろした。これなら毎日100尾も下ろしてたらすぐプロになれそう(笑)てか、100尾捌くなんて状況はプロにしか出来んわ(笑)
20171028dosanko10

今夜は冷凍サンマを解凍して、竜田揚げにします。サンマの竜田揚げも初めてなら、冷凍サンマを塩焼き以外にするのも初めて。ダイエット中でも週に一回くらいは揚げ物もいいでしょう。アブラぬきぬき生活は肌も髪もパッサパサになりますよ(経験済み
20170908sanmatatsuta01
最初の二尾分を半解凍状態で開きに下ろしたら、骨にゴッソリ身が残ってしまい;諦めて三枚に下ろす。骨も一緒に揚げてポリポリやろう。
20170908sanmatatsuta02
うーん、皮がちょっと硬いのと、生臭み少々。それでも十分味は良し。味付けが薄かったので、山椒塩をかけていただきました。小骨そのまま残して揚げたけど、サンマやイワシは食べても気にならないのが良いね。
(半分余ったので翌朝カツ丼的に玉子とじにして出しました。うんまい)
材料)冷凍サンマ、生姜しぼり汁、醤油、酒、味醂、片栗粉、キャノーラ油
20170908sanmatatsuta03
骨は二度揚げしたのでサクサク。所によりザクザク(笑)完全に酒の肴です。
20170908sanmatatsuta04
もう一品、蒸し鶏とモヤシきゅうりの酢の物
ヨーグルティアで作った蒸し鶏ストックと、昨日買ったモヤシの残りで酢の物。というかサラダ?比内地鶏スープ(醤油調味料)、塩胡椒、酢、ゴマ油だけのお手軽調理。しかし彩りが淋しかったので自家製ラー油をタラり。香ばしさアップでウマウマです。
材料)モヤシ、蒸し鶏、キュウリ、白ゴマ、酢、塩胡椒、比内地鶏スープ、ゴマ油、自家製ラー油
20170908sanmatatsuta05
さらにもう一品、おかか生揚げコンニャク
生揚げに煮汁滲みて超美味しい。コンニャクにはお世話になってます(笑)ホント次の食事までの空腹を紛らわすのにピッタリ。コンニャクで太れるものなら太ってみろってね。
材料)コンニャク、生揚げ、おかか、生姜、醤油、酒、味醂、甜菜糖、白だし
20170908sanmatatsuta06
ついでにもう一品、きゅうりの糠漬け
20170908sanmatatsuta07
結構毎日何だかんだ色々用意してるわけですよ。他にも豆腐とネギの味噌汁、ご飯は発芽玄米(+もち麦)を140g。夜は100gでも十分かな。米のご飯は昼間だけでいいなと思うけど、夕食は味付けが濃いものが多いのでそうも行かないのがツライ。というかいつの間に糖質制限の流れになってんだ(笑)一応炭水化物依存心を手放す期間です。
良く見ると発芽玄米の芽がすごく長いのが分かると思う。これが大事。それと発芽させて乾燥させた市販の発芽玄米なんて買ってはダメ。毒素の問題もあるけど、値段も無駄に高いし、自分で数日かけて発芽させて炊くと、主食への意識が変わると思う。まぁそんな事までやってるから病気知らずなんでしょうけど(笑)病気しない人間には国保免除してくれない?(笑)
20170908sanmatatsuta08
納豆だのコンニャクだのキンピラだの食物繊維の比重を増やしたら、お通じがまースゴイのなんの(笑)すみません; 今日はウォーキングゼロ。
それと自分以外の家族の血液検査は毎回完璧!自分はやっぱり外食しすぎたのだと思う。ラーメンが悪いとか言いたくない。何事も程々にね。来週血液検査したら食うよ(笑)

このページのトップヘ