青木葉 Eatful・Life

自炊おとこメシとたまに食べ歩きBLOG。卒煙&卒酒。健康についても勝手な持論書いてます。

タグ:断酒解禁

2019.8.30
本来なら11月まで断酒の予定だったけど、9月の家族の誕生日に色々兄弟から送って貰う事となり、じゃあ酒もとリクエストしたら今日届いた(笑)なので二ヶ月半程前倒しで飲酒する予定です(この時点でまだ8月、飲むのは一週間後)。
20190830houou001
銘柄はお任せだったので、知らない酒蔵のお酒が届きました。小林酒造「鳳凰美田」 
日本酒に一番のめり込んでいたのが20歳からの数年間で、その頃の大吟醸は「りんご香」が主流で、いつの間にかフルーティな吟醸香路線は廃れたようだと思ってたけど、そうでもない?これは「青りんご香とパイナップル香」?はて?飲んでみないと分からんなぁ。よし!何事も勉強だ!(←笑)
20190830houou002
2018.9.6
去年の家族の誕生日は、未明の内に北海道胆振東部地震が起きて大変な一日でした。

当日はあまりに大変過ぎて、モバイルバッテリーしか電気も無いしでほとんど日記では書けなかったけど、本当に我が家は弱り目に祟り目で大変過ぎる一日でしたね。それでも日頃の行いがまぁまぁ良いせいか(嘘)色んな場面で助けられて感謝の一日でした。今年は何事も起きませんように!ただ平穏無事に酒が飲めるだけでいいです!(笑)

2019.9.4
今朝兄弟からの食材が届いた。鮒鮨、ウナギの蒲焼き、肝吸いなどなど。しかし冷凍じゃなく冷蔵なので、五日以内に食えだとぅ?賞味期限を見れば正に誕生日当日!(笑)
20190904unagimoroko001
この他に産地証明書も入ってました。自分がウナギを食べなくなったのは、国産を謳いつつ実は途中まで中国飼育という杜撰で誠意のないウナギ業界に嫌気が差したから。もう15年程?少なくとも刻んで入ってる系を除いては食べてないと思う。でもここのなら問題ないでしょう。嘘ついたらウナギなんぞ一生食わんからな!(笑)
20190904unagimoroko002
個人的には大当たりはこの「本もろこの南蛮漬け」。
20190904unagimoroko003
人工甘味料なんて使ってないのが嬉しい。不使用が当然なんだけど、食品業界では使うのが当たり前になってから自分から買えるものが本当に少なくなってしまった。だから梅干すら自分で作ってるんですけどね。
20190904unagimoroko004

2019.9.6 当日
今年の今日は震災も無く無事に家族の誕生日を迎えられました。去年あのような大災害があったおかげで、この一年生き続けられた事により感謝出来ます。北海道胆振東部地震の被災者と亡くなられた方々、ご親族の方々には改めてお見舞いとお悔やみ申し上げます。
20190906birthday001
では自分は今日で断酒継続、78日と12時間くらいで飲酒します。このカウンタは食後にスクショ撮りました。たった78日くらいの断酒では4万以下の節約できてないのが悔しい。でもこれが毎日飲み歩いていた20代だったら、一日5千~一万円の節約でしたよ。つまり39~78万円・・・別に毎日飲み歩いてた訳じゃないじゃん(笑)
20190906birthday011
まずは肝焼き。これがめっちゃくちゃ苦い!>< 肝ってこんなに苦かったっけ?そう、中国産のやたらデカいだけの肝って、ちっとも苦くないですよね。多分こっちが本当の苦みと味、旨味だと思います。噛みしめる程に苦くて美味しい。
20190906birthday002
本モロコの南蛮漬け。これがまた酸っぱい。そして美味い (о'¬'о) 苦みと酸味の津波で、全然日本酒の味が分からない(笑)でもモロコは最高に美味しい!卵も抱えてました。もっと食べたいです。酒飲んでると物足りないですね。
20190906birthday003
そこに子供の頃以来だと思われる「鮒鮨・鮒寿司」。米麹を下に敷いてます。崩れないように、セロファンのまま上に載せていただきましょう。
20190906birthday004
これがまた乳酸発酵でめっちゃスッペ―!!(笑)そしてウメー!!(笑)そしてまた酒の味が分からないです(笑)でもおいちい。すっぺー。おいちい。の、繰り返しです(笑)確かに子供の頃に鮒鮨食べたって美味しくないよねぇ(笑)大人の今なら毎日だって食いたい(笑)頭も全部平らげました。部位的には頭が一番美味しかった!
20190906birthday005
さて、先に出した肴を片付けて、メインの鰻をいただきましょう。くっつかないホイルでフライパンで焼いて、表面はバーナーで炙って切って盛りつけて
20190906birthday006
復活した自家栽培の木の芽ちゃんを載せて、いただきます( '﹃'⑉)
20190906birthday007
正直、ここ十数年ウナギを食べない人生を送ってきて報われた!そんな瞬間でした。マジモンで美味し!!タレが甘すぎる点だけ除けば、完璧なウナギの蒲焼でした。頭も付いてたけど、骨はそれなりに硬くて全部は食べられませんでしたが、身は厚くふっくらとして、お店で食べたらとんでもない料金になる程のレベルでしたね。ごちそうさまでした。
20190906birthday008
食後は静岡ランジェラのケーキ、ジュエルローズ。美味過ぎでした。・゚・(ノ∀`)・゚・。
20190906birthday009
で、食後は自分はズブロッカのロックで・・・え?余計なものが増えてる?うるさい!飲む時は飲めばいいのじゃ!!むきょー!!(笑)
20190906birthday010
これから残ったお酒で数日飲みますが、また二ヶ月ほど断酒、というか禁酒します。禁酒自体全く苦痛も感じませんが、久しぶりに飲んだ本物のビール(秋味)はやっぱり最高に美味しかったです。ノンアルビールとはやはり別物ですね。今日は久しぶりの飲酒で顔が真っ赤で、鏡見て笑いました。やっぱり酒はハレの日だけ飲めるのが一番美味しいし、健康面でも間隔を空けられるので良い感じです。


グルメランキング


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

今日は家族の誕生日と言うことで、手抜き定番料理作って済ませます(笑)
そして断酒も24日目、まだまだ余裕で続けられるけど、折角のハレの日なので飲みましょう!明日からまた断酒の予定です。あくまで予定だと予防線は張っておかないと(笑)
20190210birthday001
澄川を代表するろまん亭あのお母さんのラーメン店隣です。どれも美味しそうだねぇ。二日前にバースデーケーキを注文しておいたので受け取りに来ました。
20190210birthday002
兄弟からはオードブル的な加工肉製品が送られてきた。ありがたい。
20190210birthday003
ワインも一緒に届いた。でも自分も日本酒用意してたのだけど・・・困ったな、仕方ないからいただきましょうかねぇ(笑)うそ超うれしいありがとう(笑)
20190210birthday004
加工肉製品はありがたいんだけど、こっちも丸鶏注文してた訳で(笑)保存の利かないこっちを優先的に頂きます。昨日東光などスーパーを巡っても、クリスマスシーズンじゃないと丸鶏なんてスーパーには売ってないですね。ダメ元で生鮮プラザでお願いしたら翌日の今日、用意しておいてくれました。感謝!丁度いい大きさです。
20190210birthday005
中に詰めるスタッフド・ピラフには、大事に取って置いたジャスミンライスを使用。
20190210birthday006
まぁその合間の作業はいつもの事なので省略してと(笑)70分前後オーブンで焼いて完成。前回の自分の誕生日では、ローストダックを焼いて失敗したけど、今考えると、あれって北京ダック用の肉だった?皮が美味しくて肉が薄っぺらだったしさ(笑)
20190210birthday007
やっぱり鶏の方が無難です。しかも美味しい。あ、お尻の爪楊枝抜き忘れたわ(笑)
20190210birthday008
ピラフは1/4位しか詰められず。でも他のものでおなか一杯になったので、ご飯は無くても十分でした。美味しかったけどね。鶏肉自体はふっくら柔らかで、むしろもう少し重みが欲しい位・・・でも十二分に美味しかったです。明日は鶏肉を毟って、玉子と炒めて炒飯にしよう。
20190210birthday009
兄弟から頂いたソーセージ二種、サラミとチーズ入りをフライパンで炙っていただきました。美味しいねぇ。もっと焼けばよかった(笑)感謝感謝。
20190210birthday010
酒は、先にワイン、次に日本酒。24日のブランクですぐ酔っぱらうかと思いきや、ビックリするくらい全然酔わない。結果的に日本酒は自分が飲み干します(笑)では明日以降はまた禁酒断酒です の予定です(笑)
20190210birthday012
食後はケーキ。すごく美味しい。酒のみでも美味しいと思える糖分量で、多分砂糖中毒の人には甘くなくて美味しくないのでしょう。酒呑みにとっては「甘くなくて美味しい~」という(笑)ついつい半分は自分が食べたというね(笑)
20190210birthday011
結局日本酒も一本空にして就寝。翌朝未明、胃酸過多の胃痛で目覚める(悶)胃薬はあるけど、重曹&炭酸水で落ち着いたので薬は無し。やっぱり久しぶりの飲酒は胃にも良くなかったですね。またしばらく断酒生活続けておきます。つい甘えて飲みすぎるので、イベントの時だけ飲むように習慣付けないとね。


おうちごはんランキング


男の料理ランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

このページのトップヘ