先日の揚げ出し大根の発展系、挽肉餡かけです。だったらもう野菜料理カテゴリーじゃないじゃない(笑)多分想像通りに絶対美味しい。美味しくない訳が無いというメニュー。
そういえば、このブログでは最初唐揚げ、次に竜田揚げの両方で書いてしまってるけど、やっぱり片栗粉なので今後は竜田揚げで明記します。
20170803daikon01
昆布、白だし、塩、酒、みりんで煮ておいた大根に、片栗粉付けて
20170803daikon02
揚げます。180℃で6~7分。中身は柔らかく煮えてるので衣が色付けばOKなのに、いつまで経っても白いまま。竜田揚げって茶色く揚がる時とどう違うんだろう?下味の調味料で違うんですかね。
20170803daikon03
その前に作って置いた挽肉餡かけ。大根の煮汁が美味しいので、それを流用し醤油少々、水溶き片栗粉でトロミ付けて完成。あとは大根にかけるだけ。
20170803daikon04
はい完成!いっただきます!
20170803daikon05
これ!餡をまとった片栗の皮が厚くて箸で千切れない!(笑)モチモチなんてレベルじゃねぇ!まんまモチだ!(笑)そしてめっちゃくちゃ!ウマイ!!うんまーーーーい!!
シンプルな味付けだったのに、すごく深い。大根を煮て揚げる、ただこれだけで、普通に煮た大根に餡をかけるものと天地の差の美味しさになるなんて。もはや神。最近お手軽に自画自賛してますが(笑)大根の竜田揚げだけでも神レベルなのに、餡かけにするともっと凄く美味しくなります。挽肉餡かけなら尚更です。13個揚げて一つ残らず売り切れ。作った人間としても大満足の出来でした!
20170803daikon06
揚げ出し大根材料)
大根(水、塩、昆布、白だし、酒、みりん)、片栗粉、キャノーラ油、
餡かけ(豚挽肉、ゴマ油、生姜、大根の煮汁、濃口醤油)、糸唐辛子、万能ねぎ

それと一昨日から漬けていた「水茄子の糠漬け」。水茄子なんか漬けたら糠床に水が出すぎてビチャビチャになるんだけど、自分はもう何年も水抜きしてません。新たに糠と塩を加えるだけですね。野菜から出る水分も、旨味エキスだと思う。
20170803mizunasu01
五分づき米をネット注文すると、精米時に出た米糠も一緒に送ってくれて重量の帳尻合わせしてくれます。白米だけ買ってる人は本当に宝の山を捨ててると思っていい。
20170803mizunasu02
水茄子ときゅうりの糠漬け
水茄子は二日間で相当漬かってしまった。ヘタに包丁入れて、基本手で割いて、カラシとワサビを添えていただきます。今日は水茄子を取り出してから新糠も追加したので、馴染ませるために漬けていたキュウリも一緒にいただきます。水茄子しょっぱかったけど、許容範囲。美味すぎます。逆にキュウリは浅漬け。今夜は野菜中心メニューでした。
20170803mizunasu03