青木葉 Eatful・Life

料理は基本的に何でも自分で作るスタンスです。卒煙&卒酒。外食はラーメン中心。ダイエットしてるつもり(笑)

タグ:ロースト

今日は特に何か作りたいものも無いので、先日送って貰った鴨を焼いて、それだけじゃ寂しいのでカツオのタタキも買って来た・・・が!大葉とか買い忘れた/(^o^)\ミョウガと水菜でマニア和装 じゃない間に合わそう。なんだこの変換(笑)
20210919kamokatsuo001
解凍した鴨を米油で焼いて、切って出すだけ。今回はかなり血が出てました。
20210919kamokatsuo002
ポン酢と醤油を合わせて
20210919kamokatsuo003
ワサビでいただきまっ・・・うんま!!やっぱ鴨美味し!
20210919kamokatsuo004
手抜きカツオのタタキ。
20210919kamokatsuo005
ポン酢ぷっかけて。こちらは半解凍で歯に沁みるッ!!😱この手の冷凍タタキにしては、生臭みも無く美味しかったです。でも半分残ったので、明朝に。ごちそうさま。
20210919kamokatsuo006

おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村 

出来た妹から、ブランデー送ったよとの事で楽しみに待ってたら、ポールジローのコニャックが届いた(゚д゚)! 何よもっと安物かと思ったら嬉しいじゃないですか。こんなお酒が届いたら、あの鴨肉を焼かねばなるまい。今回は赤ワインソースに挑戦してみる。
20170217cognac
解凍した鴨肉を開けてみると、羽根の根元が皮にたくさん埋まってる。そして、魚の骨抜きの為に取り寄せていた「堺刀司」の骨抜き(角小)が都合よく手元にある!(笑)
ちょうどいい機会ですから魚に使う前に鴨で試してみましょう。関西型は初めてです。
20170218kamowine01
こんなに埋まってました。この骨抜きめっちゃ使いやすい!もっと早くちゃんとした製品を買うべきでしたね。300円OFFのクーポンを使って、¥610で購入できました。
20170218kamowine02
肉の白い筋を取って、皮に鹿の子の切れ目を入れて塩コショウをすり込み、冷蔵庫待機。
20170218kamowine03
フライパンでEVオリーブオイルで表面を焼いた後に、200℃のオーブンで焼きます。鴨から出た脂を耐熱皿に敷いた玉ねぎと鴨に回しかけて焼いてみます。
20170218kamowine04
10分経過。ものすごい脂が出てます。恐ろしい;; しかし乾燥防止のために肉にまわしかけて、20分焼いてみます。この脂・・・ソースベースにできないかな(笑)
20170218kamowine05
赤ワインとバルサミコ酢のソース作り。ミコ酢なんて何年ぶりかで買いました。よくドレッシングに使ってたけど、ソースに使うのは初めて?鴨から出た脂から沈殿した分を取り分けてワイン、ミコ酢、塩胡椒、味醂、醤油、バターで煮詰めて酸っぱいソースの完成。その後、味を見て甜菜糖を加えたりで微調整。
20170218kamowine06
ソースの粘度が無くサラサラでしたが;美味しく完成。今度はもっとトロッと仕上がるようにします。今回の鴨は、しっかり焼き入れしてるのに肉質は柔らかく、血の気が多いけどしっかり肉を食べてる感があって食べ応えあります。酸味の強いソースも、鴨肉と一緒だとマイルドに感じます。美味しいです。どうも昨日の夜から食欲が無いのに、食べ始めたらペロンペロンと喉を通って行く(笑)食欲なくても美味しいものは関係なかった;
20170218kamowine07
今夜はパン。自分で焼こうかと思ったけど、忙しい&疲れてるので市販のパンで済ませます。料理にバター使い過ぎてるので、ピーナッツバターを塗っていただく。どの道カロリー超過;そして気が付く。やっぱり肉とピーナッツバターって合うんじゃね?と・・・
20170218kamowine10
こんな夕食を、コニャック飲みながらいただく。コニャックのストレートって食中酒に全然向かない(笑)飲み始めストレート、途中からロック。すごくフルーティなブランデーですね。最後の一番薄まった頃が一番美味しかったりして。食後にもう一杯飲みながら、ウマイウマイとにやけながら記す。やはり食後酒です。基本的に自分は強い酒を飲む時はツマミは何も食べない派です。
20170218kamowine08
もう一品、昨日仕込んでいたポテサラ。旨し。
20170218kamowine09
鴨肉を二枚分いただいた訳ですが、やっぱり日本の合鴨なんかとも食味も食感も違いますね。って事はやっぱり鴨ではなくアヒルなのでしょう(笑)個人的には鴨よりダチョウに近いかなという印象です(遠い記憶)。残り二枚は、アヒル料理として調べて試してみたいです。別にアヒル南蛮蕎麦でもいいですけどね(笑)

妹からスペイン産の鴨肉が届いたので色々作ってみようと思う。持つべきは出来た妹です。しかしこれダックて書いてあるけどこれアヒルじゃないの?と訊くと、飼いならされた鴨はアヒルだそうで、調べたら「アヒルは野生の鴨を家畜化したもの」なのでwildが付くか付かないかの違いらしい。じゃあこれはアヒル肉って事?日本人からしたら鴨はあの野生の鴨か合鴨であってほしい。アヒル南蛮蕎麦って嫌でしょ?(笑)
20170216kamoroast01
タジン鍋のフライパンで焼いてその後タレを加えて蒸し煮にして、冷ましてから切って味見。中はタタキの状態で血が滴る。大丈夫だろうと食べてみると非常にレバ刺しっぽい。いやこれはダメだろうと心配になって検索してみると、鴨肉でもカンピロバクター中毒になるとあって青ざめる(笑)一週間以内に倒れてたらサヨウナラ・・・・・・
その後更に加熱して、タジン鍋の蓋して保温してほぼ全体的に火が通ったので食卓に。
20170216kamoroast02
肉には火が通ってるけど、血が滴る。下拵えの段階でフォークを刺して塩を揉み込んで、半日網に乗せて血抜きしたつもりだけど全然甘かったですね。鴨ってなんでこんなに血が多いのか?塊で調理したのは初めてだったので、結構驚きました。
味の方はと言うと、美味しい美味しいと大好評でした。全部切って出したのは多かったかと思ったけど、一枚も残りません。端っこは細切りで出しました。当然だけど柚子胡椒も合います。レモンも挟んで酸味を付けて正解。ビールもご飯も進みます。ごちそうさま。
20170216kamoroast03
材料)
スペイン産鴨肉、塩胡椒、酒、味醂、濃口醤油、米油、長ネギ、水菜、かいわれ大根、レモン、柚子胡椒、ドレッシング(胡麻油、醤油、お酢)

このページのトップヘ