青木葉 Eatful・Life

自炊おとこメシとたまに食べ歩きBLOG。卒煙&卒酒。健康についても勝手な持論書いてます。

タグ:ホヤ

買い出し先では魚がパッとしないのと、まるで貝祭りだったのでまずはホタテと・・・
20200803hotate&hoya001
赤ホヤが激安だったので五個購入。
20200803hotate&hoya002
ホタテは生食品質だったけどバター焼きで。
20200803hotate&hoya003
ホヤは刺身で。
20200803hotate&hoya004
身がプリプリで肉厚!
20200803hotate&hoya005
ホタテは焼き過ぎた!/(^o^)\でもバター醤油の汁ごとご飯にぶっかけて、そりゃもう下品でもいい、ウメーの何のってもう!焼き時間半分にすれば良かったDEATH!(大和田
20200803hotate&hoya006
ホヤはもう全部刺身!天ぷらも食べたかったけどそんな時間は無し!
20200803hotate&hoya007
あああああうまいんじゃァァァァァァァァァァヾ(⌒(ノシ ^q^)ノシ 途中でもう飽きたけど(笑)たっぷり堪能できて幸せDEATH!(大和田
20200803hotate&hoya008
後は小松菜のお浸しに、ワカメと小葱の味噌汁も。夜はアッサリ。これでラーメン止めたら本当に痩せられるが、そこまで干乾びようとは思わん!(思えデブ
20200803hotate&hoya009
食後はらいでんスイカも。途中レモンかけると更に美味しい。いっそこの味で品種改良してくれたらいいのに(*´・ω・)(・ω・`*)ネー
20200803hotate&hoya010

おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

買い出し先の本郷市場にて、赤ホヤが安すぎたので即決!しかし過去の日記を調べたら、全然安くなかった!!(笑)今夜はあっさりメニューにしよう。
20190718hoya001
土台が貝殻でリッチ!!(違)
20190718hoya002
赤ホヤはプラスマイナスの突起が二つあるので、他の種類と見分けがつきやすいです。
20190718hoya003
ソフトな殻を包丁で割いて肉?身をを取り出して、海水濃度の塩水で洗って、黒い部分を取り除いたら食事までキッチンペーパーに挟んで余計な水抜きしつつ待機。
20190718hoya004
今日の買い出しで生鮮プラザの5%引きチラシを使おうにも、どうも欲しい魚が無い。肉も他所で買ってきたし、さてどうしよう。今の内に白米も買っておこうと5㎏袋を担いでレジに持っていったら10㎏袋でした(笑)重さで気が付けよ(笑)取り換えに戻るのもかったるいので10㎏を購入。結局発芽玄米と白米の交互生活になりそうです;
20190718hoya005
夕食直前に切って盛って完成。
20190718hoya006
わさび醤油にカボスを絞っていただきます。
20190718hoya007
うーん美味い(^ω^)赤ホヤは三陸の真ホヤに比べてクセが無いので食べやすい。子供の頃は嫌いだったけど、高校以降徐々に好きになって、成人してからは酒の肴として大好きになりました。最初から赤ホヤ食べてたら嫌いな時期はもっと短かったんじゃないかな。こんなに新鮮なら酢の物にする必要すらありません。
20190718hoya008
で、断酒中の今は、メシのおかずに最高(笑)ホントご飯が進みます。あ、今夜の白メシは昨日の残りですから(笑)
20190718hoya009
で、ホヤの酢の物は止めたので、きゅうりとワカメの酢の物も用意。これがまためっちゃウマイ!他にもたぎ茸と大根の味噌汁、昨日のサラダの残りで済ませてごちそうさま。なんかこんなアッサリした夕食でいいや。でも明日は揚げ物の予定(笑)
20190718hoya010
酢の物材料)
きゅうり、塩蔵ワカメ、塩、きび砂糖、酢、白ごま


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

明日から天気が崩れて雨が数日続く予報だったので、今日の内に買い出し。まずは先週土曜日が修羅場だった本郷市場から。今日は平常営業状態で客足もまぁいつも通り。常備してても困らないモズクと、あと物凄く丸々とした鯖寿司にも最適な新鮮巨大サバも欲しかったけど、今は白米も無いので諦めた。その代わり、あんまり活きが良さそうに思えない殻がブヨブヨの赤ホヤを買ってきた。ポンプで酸素を送ってるようだったけど、水入ってないし意味あるのかな(笑)
20180903akahoya001
ところが、帰宅後冷蔵庫に入れて置いたら、パンパンに張ってた。なんで?(笑)それでも身の鮮度が悪かったらバター焼きにしてやる!
20180903akahoya002
開いて見ると、身もキレイなオレンジで鮮度も上々!お店では死んだふりしてたな?ってもう死んでるか(笑)海水濃度の塩水で洗って、黒い所を取り除きます。
20180903akahoya003
ううーん!これ、刺身に決定!!キッチンペーパーで挟んで水分抜いておきます。
20180903akahoya004
その前に、真鱈のタラコも買ってきたので久しぶりに炒り煮にしましょう。
20180903tarakon01
塩揉み灰汁抜き水洗いした白滝を、ゴマ油で炒めて、切り込み入れたタラコをゴロンと投入して潰しながら炒り煮。汁気が無くなるまで炒って完成。
20180903tarakon03
北海道出身のおふくろの味。ちゃんと息子が継承しております。って間違ってないか?(笑)まぁ料理なんて楽しい事、女に独占はさせんよ(笑)
20180903tarakon02
ホヤにタラコ炒り煮と、海の物メニューと来たら、ご飯はひじきご飯でしょう。って、先日のひじきが残ってるからでしょ? ・・・うん
20180903hijikigohan01
炊き上がりの色が濃すぎてビックリ。おっかなびっくりで味見すると意外と丁度良い塩梅。あ、そうか五分づき米だから余計茶色い仕上がりって事もあるか;
20180903hijikigohan02
ホヤは三杯酢だのバター焼きだの、そんなのは捌いてる最中に消し飛んだ。今夜は刺身の一択!しかも急にビールが飲みたくなって、買いに走る(笑)味見すらしてないけど、その価値があるのは分かる。お皿ごと冷蔵庫にぶち込んでダッシュ!うそ、徒歩で(笑)
20180903akahoya005
不可抗力ッ!!
20180903akahoya007
実際はもっと落ち着いた色ですが; 三陸のイボイボな真ホヤ(身は黄色)と違って、ツルンとした赤ホヤの身は本当にキレイなオレンジです。ワサビ醤油で口に含んだ瞬間「うん!うんめっ!!うん!うんめっ!!」と叫ぶ(笑)ナニコレ三杯酢で食ってる場合じゃねぇ!!バター焼き?ふざけんな!!(笑)
20180903akahoya006
そしてひじきご飯。このままでも美味しいけど
20180903hijikigohan03
ホヤを乗っけて食べたらもうずっと「ウマッ!ウマッ!」としか出てこない(笑)今後は新鮮なホヤは刺身で味わう事にします。赤ホヤは真ホヤと違ってクセも無く、三陸のホヤで育った自分でも赤ホヤの方に軍配を上げます。ちなみに三陸育ちではありません(笑)
20180903hijikigohan05
タラコと白滝の炒り煮も不味くなりようがない。ご飯にも合うし、味も強くして無いのでそのままでも啜れます(笑)でもやっぱりぶ厚い皮が一番美味しい所ですね。
(あ!しまった!同じ画像使い回してました(;´∀`)
20180903tarakon02
おまけの糠漬け。極太なので引き揚げるのが一時間早かったです;
20180903hijikigohan04
炒り煮材料)
生タラコ、白滝、ゴマ油、酒、白だし、醤油、昆布醤油、北のビミサン、生姜汁
ひじきご飯材料)
ひじき、ニンジン、椎茸、油揚げ、ゆめぴりか五分づき米、水、醤油、白だし、北のビミサン、醤油、三つ葉
他、きゅうり糠漬け、油揚げと三つ葉の味噌汁

翌朝の赤ホヤ刺身
昨日皿に乗らず取って置いた赤ホヤ二個分を切って朝食で出し、自分もこれだけ食べた結果・・・やっぱり死ぬほどウマイ!(゚∀゚) でも朝から食うものでは無いな(笑)日本酒欲しい・・・
20180904asanoakahoya

今夜は簡単!カツオを切って並べて食べるだけ!(笑) ってだけじゃ寂しいので、赤ホヤの三倍酢も付けましょう。ホヤのバター焼きも美味しいけど、今回は酢の物でいただきます。
20170722hoyakatsuo01
ホント、切るだけ簡単(笑)おろし生姜もワサビも用意したけど、結局はマヨ醤油が一番美味しい(笑)邪道め!と言われても構わん。美味いんだもの^Q^
20170722hoyakatsuo02
ホヤとキュウリの三倍酢。緑要素が多過ぎ!むしろホヤもう一個買うべきでした。今夜は三倍酢で正解。そして、ひとつ新たな発見が!ホヤにマヨ醤油、合う!うまい!(笑) なんだこりゃ、マヨネーズは万能の神か!(笑)
20170722hoyakatsuo03

今日は海鮮アラカルト。アジが一尾¥165、赤ホヤ一個¥90、カツオ半身¥398と安かったのでひとつに絞れなかった(笑)画像ボケボケ;
20160916kaisen01
赤ホヤは刺身とバター焼きに。バター焼きが圧倒的に美味しかったので全部そうしても良かったのだけど、やっぱり刺身でも食べたいので二種類作ります^Q^ 今日の赤ホヤは身がギッシリ詰まっててすごいプリプリ。殻の土台には貝やちっちゃいホヤが付いててかなりグロイ(笑)つくづく初めてホヤを食べた昔の日本人は凄いなと思う(笑)
20160916kaisen02
まずは赤ホヤのバター焼き。バターと胡椒だけで塩気が足りなかったので、醤油を垂らしていただきま・・・ウマッ!!!ホヤウマッ!!!!! 臭みゼロ!エグ味ゼロ!良い香りだけが口内に残る。これはホヤ嫌いに食わせたら過去のマズかったトラウマがぶっ飛ぶレベル。短時間勝負で加熱したホヤは美味いです。5個買ってくるべきでした;;
20160916kaisen04
刺身ではアジはお造りに挑戦。アジのお腹を残すのを失敗。それに裏のヒレを曲げて頭を立てなきゃいけないのに寝かせてしまい、非常に残念な見た目ですが(涙)やり方は分かったので次回はちゃんと見栄え良くしたいと思う; で、アジの刺身、美味い!赤ホヤの刺身、臭み無くコリコリした歯応えが最高!カツオは程よく脂が乗っており安定した美味さ。今日明日は外で酒飲みたいと思ってたけど、自分で作ったら今日のお魚料理コストは¥650程度(残ったカツオは醤油漬けで朝食に)。こんなに安上がりだと外で食べるのも本当にバカらしい。外食の1/3以下のコストで美味しいお刺身をいただきました。大満足です^q^
20160916kaisen03

本郷通の本郷市場でアカボヤが1個¥130だったので今夜はホヤの酢の物にしよう!と買ったは良いけどお酢を切らしてたので刺身に変更。そしてサンウェル東北通店ではブリの若魚フクラギの半身が安かったのでこれもお刺身にしてしまおう。ホヤだけで夕食だったらどうしようかと心配してたのでフクラギも買って良かった;さすがに自分は生ホヤでメシ食えません。これは酒の肴。
20160711hoya01
ホヤの中の水をボウルに取っておき、くり貫いた肉を浸けて置くとワタの黒さがでてしまう。水洗いして黒ワタも取り去って、塩水に浸けておいて夕食で切り分けます。正しい方法かは知らない;
20160711hoya02
塩水に浸けておいたホヤを水洗いして切り分けてお刺身に。すでに塩が利いててこれがもうめっちゃ美味い!ビールが進む!しかもご飯にも合う!(笑)おかずにならないなんて言ってごめんなさい。一口食べる毎に「うんまッ!」と呻いてしまう。個人的には三陸のホヤで育ったので(関東にはアカボヤ殆ど流通してません)、北海道のアカボヤはクセが無さ過ぎて物足りないんだけど、これは文句なしに美味しかった。肉の味自体はマボヤよりアカボヤの方が濃厚で美味しいと思います。
20160711hoya03
刺身だけじゃ勿体無いので、初めてバター焼きも作ってみた。これがもうビールにもご飯にも合う合う!美味い!美味過ぎます。加熱すると縮んでほんのちょっとだけど、よく噛みしめて味わったので満足度高いです。かなり磯臭くなるけど、好きな人間にはそれがたまりません。
材料)アカボヤ、胡麻油、酒、バター、塩胡椒
20160711hoya05
では本日のメイン。フクラギの刺身。これがまた美味しいの何の。夏のブリの若魚は脂は乗ってないけど、このサッパリ感もたまりません。大葉で巻いていただくと至福。ウマッ!ウマッ!と叫びながらいただく夕餉(笑)でも今日はアカボヤが美味しいところを持っていってしまいました^Q^
20160711hoya04

このページのトップヘ