昨日イオンで見つけた日清カップヌードル・トムヤムクン味と、同じイオンのカルディで購入した現地メーカー・ミータイ・シュリンプクリーミートムヤムクンヌードルを食べ比べてみよう。もちろん家族と分けて食べます。え?なにが?(幻聴
20190505tomyum001
日清のはカップヌードルのトムヤムクンとどう違うのか、味の違いを食べ比べようにもカップヌードルも買うのは多過ぎだろうと控えたのが悔やまれる;
20190505tomyum002
まずはフタを剥がした瞬間にクオリティの違いを痛感する。さすが日清はキレイに剥がれます(笑)どちらも調味料は小袋に分けて入ってます。
20190505tomyum003
ペーストはお湯を入れる前に最初から投入。ミータイは溶けてません(笑)そして日清はここでも具沢山!エビの大きさでも圧倒!(笑)
20190505tomyum004
まずは日清から。安心のクオリティで、一口目から旨ッ!と来る。しかし味(旨味)も酸味も最初から強すぎてすぐ舌が疲れた。これはカップひとつ消費するのはツライかも。
20190505tomyum005
対してミータイはかなりの細麺。スープも日清の後なので弱いかなと思うものの、商品名通りクリーミーで旨味も酸味も程よい塩梅。その代わりかなり辛いですね。自分も家族も、こちらのミータイに軍配上がりました。多分現地でもこっちの方が支持されてるのでは?日清は良くも悪くも日本人向けでしたね。しかしタイのインスタントラーメンはどれも美味しいし、以前相当ハマったのだけど、揚げ油が酸化してたりして食後の胸焼けが激しくて、割と短期でマイブームが去りました。時たま食べる程度にしておきましょう。
20190505tomyum006

グルメランキング