青木葉 Eatful・Life

料理は基本的に何でも自分で作るスタンスです。 本気断酒入り 外食はラーメン中心 ダイエットまだ先(笑)

タグ:タイ料理

今日は花見の帰りに半年ぶりに八百丸に寄ってみると、中のレイアウトが変わってた。そして欲しかった豚肉類一切なしだったので、レジでお姉さんに訊いてみると、今日は売り切れ?だったらしく残念。バナナと長ネギとブロッコリーだけ買って来ました。札幌ではスーパー以外では一つの店で買い物が済ませられないので、結局何店もお店を回らねばならないのが生活の不満です。
IMG_20190430_123514
先日ガイヤーンを作ったので今夜はガイトート。ん?何がどっちで何?(笑)
ガイヤーンはチキングリル、ガイトートは唐揚げ。胸肉二枚分を昨日から浸け込んでおきました。
20190430gaitoto001
で、時間も無いのでさっさと完成(笑)鶏肉とパクチーは昨日一昨日で生鮮プラザで購入しておいたもの。ホント何軒買い出しで回ればいいんだよ・・・
20190430gaitoto002
一口目からウマッ!と声がでる。正直、ガイトートとか唐揚げとかザンギとか、微妙な違いなんて関係なく、今回は近年ナンバーワンの美味しさ!今夜は美味過ぎるものを作ってしまいました。
20190430gaitoto003
その証拠に結局明日の分まで全部平らげてしまったという(笑)特に生姜の香りも良く、甘いスイートチリソースとの相性もバッチリ。
20190430gaitoto004
ライスは、鶏ガラスープと生姜、塩胡椒で炊いた生姜ライス?(笑)これもまたスッキリ辛口で美味しくて、お代わり不可避。そりゃ痩せませんし、そもそも痩せる気が今は全くナッシングです(笑)
20190430gaitoto006
サラダには自家製マヨネーズを。そろそろ無くなるのでまた仕込まないと。一週間~10日で新たに作るので鮮度バッチリ。でもマヨネーズ食べるたびにこの八割は油なんだよなぁとブルーになる(笑)
20190430gaitoto005
材料)
鶏胸肉(おろしニンニク生姜、塩胡椒、酒、ナンプラー、醤油、チリソース、ケチャップマニス)、小麦粉、片栗粉、サラダ油、パクチー、サラダ菜、ブロッコリー、ミディトマト、キュウリ

・・・あっ!またライム出すの忘れてた!!\(^o^)/オワタ


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

今日西岡のホーマックへ行くと、すでに花や野菜ハーブの苗が出揃ってて手が出そうになったけど、今後未だ気温が下がる事を計算するとまだ早いなとグッとガマン。ベランダ栽培のバジルはもっと最低気温が上がってくれないと枯れますから。・・・しかも引っ越しでホーリーバジルの種が行方不明です。折角採取したのに(´;ω;`)
20190428gaiyan001
先日またパクチーを買っておいたので今夜はエスニックな何かを作ろう。ここ数日の最安値は生鮮プラザですね。大手スーパーではバカらしくて買えません。
20190428gaiyan002
午後から漬け汁に浸け込んでおいた鶏モモ肉だけど、かなり滲みてショッパそう;
20190428gaiyan003
中温以下でじっくり米油で焼いて、酒蒸しして煮詰めて焼いて焦げて(笑)
20190428gaiyan004
生姜とパクチーの根、鶏ガラスープで炊いたライスと盛り付けて完成。いただきます。
20190428gaiyan005
この焦げも良い感じでした。硬めに炊いたパクチーライスもバッチリ最高。茹で卵のカットが雑なのは目をつぶって!(笑)ライムをギュッと絞っていただきます。
20190428gaiyan006
端っこの味見では下味が濃すぎたと思ったのに、実食した本体は薄味。あれ?(笑)もうひと味もふた味も足りない。どうしよう・・・・
20190428gaiyan007
なのでそこにスイートチリソースをどっぷりと。これで大正解!めちゃ旨甘辛酸っぱエスニックになりました。チキンは余ったら明日パクチーライスと一緒に炒飯にでもしようと思ってたのに、一切余らない!(笑)ライスは昼飯にベーコンと玉子でシンプルに炒飯作って片付けよう。ごちそうさま。
20190428gaiyan008
材料)
鶏モモ肉(おろし生姜ニンニク、ナンプラー、オイスターソース、ケチャップマニス、酒、醤油、胡椒)、米油、パクチー、グリーンレタス、茹で玉子、ミディトマト、ライム、パクチーライス(日本米、パクチーの茎根、生姜、鶏ガラスープ、塩胡椒、ナンプラー)、スイートチリソース、自家製マヨネーズ


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

鶏胸肉を解凍したので、鶏肉で何か作ろう。しかし暑いし胃も疲れてるしで、もう揚げ物(´・д・`)ヤダ‼という事で久しぶりに台湾の鶏肉飯(チーロ―ファン)を作ろう。鶏胸肉二枚を水から、香味野菜と一緒に中火でコトコト煮てスープも取っておきます。
20180806chirofan01
で、タレに使うエシャロットを探してうろつき回ったけど、全然売ってない&売り切れで入手できなかった。仕方ないので奥の手、ラッキョウを使う(笑)それにしても八百屋の兄ちゃんもスーパーのパート奥さんも、何でエシャロット知らないんだよ!もしかして自分の発音がおかしい?(;´・ω・)20180806chirofan02
ご飯はゆめぴりかの七分づき米を、鶏スープで炊きます。
20180806chirofan03
サイドのサラダとかもう一品ちゃんと作りたかったけど、甲子園の「旭川大高vs佐久長聖」の延長タイブレークが面白くて出来ませんでした(笑)北海道の2チームは初戦敗退で残念だけど、いい試合でした。とりあえずその前に仕込みは完了してたので、盛り付けるだけで完成。いただきます。
20180806chirofan04
ちょっとアップで。このラッキョウとセロリの甘い醤油ダレがまぁ美味しい。八角の香りが甘美!鶏肉が生揚げになっても全然イケそう。この料理はむしろこのタレが主役だといつも思う。正直、茹で鶏がパサパサで硬く美味しくないと味見の時点で感じたので、鶏スープの残りに浸しておき、チンしたら柔らかくジューシーになりました。
20180806chirofan07
煮玉子は午後から一時間ほど煮込んで漬け込んでおいたもの。結構滲みてます。
20180806chirofan05
三日前に買ったパクチーも、ビニール袋に入れて根元に水入れて立てて冷蔵保存しておくと萎れませんね。これでやっと使い切りました;
20180806chirofan06
自分だけ食べる際に本鷹一味を振りかけてピリ辛でいただきました。やはりちょっと辛い位が美味し!エシャロットをラッキョウで代用しても美味しかったので、いつか島らっきょうでもやってみたい(笑)まだ鶏もタレも半分近く残ってるので、明朝出そう。ごちそうさまでした。
20180806chirofan08
あと、二日間漬け込んでおいた水茄子の糠漬け。先の細めの部分は塩辛く、お尻の方は薄味と、部位によって全然塩分の浸透具合が違う。でも美味しい。その証拠に自分以外がほとんど食べた(笑)今夜は他に、茄子と豆腐の味噌汁。手抜きで楽しました。
20180806chirofan09
材料)
鶏胸肉(長ネギ、生姜、セロリ、塩)、タレ(甘酢ラッキョウ、ニンニク生姜、長ネギ、老酒、黒糖、きび砂糖、スイートソイソース、醤油、粉末中華スープ、ゴマ油、八角、水溶き片栗粉)、煮玉子(白だし、醤油、きび砂糖、スイートソイソース)、ご飯(七分づき米、茹で鶏スープ)、パクチー、グリーンレタス、キュウリ、トマト

夕べ寝る前は部屋に風が入ってこなくなり、妙に汗かく程暑かったので窓を開けて扇風機を回して寝たら、夜中の三時に寒さに震えて目覚めた(笑) 
夜間の外気温はここ数日低く、ホーリーバジルが枯れそうな気配。こりゃ今の内に味わうしかない!と、タイ料理でホーリーバジルを使うメニューを作ってみる。鶏肉とホーリーバジルの炒め物「パット・ガパオ・ガイ」はまだ作ってないのでコレに決定。今回は花のつぼみ、紫蘇で言う紫蘇の実の部分も利用してみます。
20180805gaprao01
カラーピーマンと玉ネギが無いので夕方買い出し。さて作るぞと下準備を始めると、玉ネギを買い忘れてた!アホかと。バカじゃないのかと。死ねよと。生きる価値も無いわと。
うるさーい!ウワァァァァァァヽ(`Д´)ノァァァァァァン! わざわざ玉ネギ買いに行きましたよ(笑)
20180805gaprao02
材料さえ整えば作るのは簡単です。そう材料さえあれば(笑)
20180805gaprao03
程よい大きさに刻んだ鶏モモ肉と野菜を、ココナッツオイルで炒めて味付けして、最後に色落ちしやすいカラーピーマンとホーリーバジルを加えて軽く炒り煮して完成。
20180805gaprao04
タイ料理の目玉焼きは、油多めに揚げ焼きが好き。油に泳がせるように揚げても、黄身はこの通り半熟です。カリカリのジュワ―です(´∀`)
20180805gaprao05
やっぱりホーリーバジルは香りが素晴らしい!実(花部分)も良い香り。この部分は使ってもいいんだね。実際ホーリーバジルを使うと、スイートバジルで代用出来ないのはよく分かります。あともう一回くらい使って料理出来れば幸い。今月後半には種が採取できるようにしよう。
20180805gaprao06
材料)
鶏モモ肉、玉ネギ、ニンニク生姜、カラーピーマン、ホーリーバジル、激辛青南蛮、ココナッツオイル、チリペースト、自家製プリックナンプラー、塩胡椒、粉末鶏がらスープ、スイートソイソース、醤油
&ジャスミンライス、きゅうり、トマト、パクチー、サラダ用にごま味噌ドレッシング

去年もやってた七福というイベントでは、山嵐で海老DEVILを堪能したけど、今年は別に良いかなとスルーしてたのに、昨日狼スープのメニューを知ってしまったら通り過ぎるわけにはイカン。タイ料理店とのコラボでチェンマイカレーヌードル、もうそれだけで行くでしょ食うでしょ(笑)
20180329ookami03
今日からランニングシューズに履き替えて・・・走る?いや歩く(笑)豊平川は雪解けの濁流でごうごうとおっかねー形相。雪はもう路肩に残ってる程度です。しかしジャリ砂のせいで歩きづらい。
20180329ookami15
まだ開店まで30分近くあったので、中島公園の池で和む。水面にはまだ氷が解け残ってますね。
20180329ookami16
池の透明度は高いので、池の水抜く必要も無い(笑)ウグイと鯉しか居ないでしょ。
20180329ookami18
店に着いた頃には6人ほど並んでらっしゃる。余裕こきすぎた!みなさん早い!ん?なんか店前に居るんですけど(笑)
20180329ookami01
「サワディーカップ」
20180329ookami02
お久しぶりのメガネのお姉さんに誘導されてテーブル席へ。
20180329ookami04
相変わらずサイン色紙で埋め尽くされた天井。
20180329ookami05
注文はもちろん、カオソーイとカオマンガイのコンボ。他のお客さんもほとんどこの注文・・・しかし普通に味噌ラーメンの注文も三割ほど。
20180329ookami06
先に出てきた麺のオプション。ライム、アーリーレッド、パクチー。
20180329ookami07
そして先にカオマンガイ。この味噌がかなり甘めで、タイ米ごはんも下味が濃い目です。
20180329ookami08
そしてメインの麺が登場。巨大な鶏モモがドカッと載ってます。
20180329ookami09
これ反則でしょ(笑)
20180329ookami10
でも骨付きなので思ったほどの肉量じゃないな。焦げた皮が香ばしい。
20180329ookami11
まずはスープからいただきます。お?ん?・・・ん?味薄ッ!これは底にタレが沈んでるパターンだな?と底の方から掬って飲むも、薄い。確実に塩分が一塩二塩足りてない。おかげでエスニック要素が全部ボヤケてしまってる。うーん、これどうしたもんか。ライムを絞って、持参の本鷹を振ったら一応は引き締まったけど、それでも塩気の足りなさはカバー出来ません。
20180329ookami13
そしてこの揚げ麺の存在感!いやポリポリして嬉しいアイテムなのだけど、こんな大量だと正直邪魔で麺が食い辛いです;
20180329ookami19
この麺が米粉オンリーじゃなく、小麦粉に米粉のブレンド?すごくモッチリして弾力あります。最後まで伸びなかったけど、残念ながらスープの塩分問題で味が乗って来ない。
20180329ookami12
スープがもっとクッキリしていれば、このミニトマト二種も活きたのだけど。でも美味しいトマトでした。この下には炒めモヤシ玉ネギなどが沈んでます。この一点が札幌らしさかな。最後に半分残しておいたカオマンガイにスープをかけて食べる。そうか、この為の薄味スープだったか!(笑)
20180329ookami20
今回は色々レベルの高いポイントも多かった分、本当に惜しい一杯でした。あと、メガネのお姉さんのホール捌きはもうちょっと勉強して欲しい。待合席が埋まってるのにまだ客を詰める意味はあるの?そのせいでドア横のテーブル席が窮屈になってファミリーのお客さん可哀そうだった。快晴で暖かい一日なので外で待たせるのは問題は無いでしょう。この二点だけ心の中で注文つけてごちそうさま(書いてるジャン!
20180329ookami14
食後はまた中島公園をのんびり歩いて帰宅。一日2~5㎞程度は歩いてるけど、それだけじゃ全然運動量足りません。4月になったら本気出す!(という永遠ループ
20180329ookami17

まだ一日早いけど、今日の内に菖蒲湯に浸かりリフレッシュしました。普段シャワーばかりなので、やっぱり湯に浸からないと疲れは取れないですね。
20170504shoubuyu

今夜は国産長粒米『ホシユタカ』を使って、タイ料理に合うか試してみます。先日の黒伽哩で炊いたターメリックバターライスは、冷えると固まってしまい、ジャスミンライスより勝手がよろしくなかった。毎回炊き方を変えて試してみます。
今夜は普通に研いで、普通の炊飯モードで炊きました。炊き上がりバッチリだったけど、炒飯にするにはもっと芯が残る位の硬さにしないとダメですね。それでも味は非常にいいと思う。良いんだけど、個人的にはジャスミンライスの方が更に味も仕上がりも格上です。1、2回使っただけで知ったつもりになるのはイカンので、今後も模索していきます。
20170504khaophatmu
で、今回のパクチーまみれのカオパットムー(豚炒飯)、家庭内高評価。生卵はライスを炒める前じゃなく、後追いでライスに回しかけて炒めると簡単にキレイに混ざります。
豚は塩麹を揉み込んで二日、別に焼いてから合流&トッピング組に分けて。すごく柔らかいです。もはや豚の食感ではないですね。塩麹完全に使い切りました。なんで欲しい時に限ってその辺に米麹が売ってないのだ;もう塩麹無しの生活には戻れません!
パクチーは2袋買ってあったのでまだ残ってます。調べると冷凍可能なようなので、カップヌードルを食べるときにぶち込んでトムヤムヌードルに魔改造して食べましょう^Q^

材料)
ホシユタカ、豚肩切り落とし(塩麹、おろしニンニク生姜、胡椒)、ゴマ油、甘えび油、刻みニンニク生姜、赤パプリカ、生卵、茹で玉子、生パクチー、コリアンダーチャトニ、レモングラスペースト、ナンプラー、塩胡椒、粉末鶏スープ、マヨネーズ、きゅうり、トマト、フリルレタス、ライム

挽肉とバジルたっぷりガパオライス。しかしそもそもホーリーバジルをガパオと呼ぶので、スイートバジルを使ったものはガパオライスとは言えない・・・という本場の声は置いといて; 今回はココナッツオイルを使ってより南国風味でいただきます。
ガパオに関しては来年自分で栽培するつもりなので、それまではナンチャッテガパオライスです。

鷲掴みする量のバジルを加えたのに全然見えなくて悲しいですが;;味は上々最高に美味しいです。タイ米も今回はベストコンディションの茹で上がりです。ちゃんとドームになってますし(笑)今日は塩分も気にして肉餡もスープも程よく薄味気味でバッチリでした。ココナッツの香りも良いです。
20160729gapaorice
赤と黄色のパプリカも使いたかったけど、スーパーの野菜売り場には某国産のものしか無かったので諦めました。なんでDOLEはあの国で作ってるのか謎です。やはり国産、出来れば道内産野菜が安心安全で安くて美味しいです。地産地消のススメ。
材料)
スイートバジル、豚挽き肉、玉ねぎ、ニンニク生姜、セロリ、ピーマン、スイートソイソース、オイスターソース、ニョクマム、ココナッツオイル、唐辛子、黒胡椒
&セロリと玉子のスープ、セロリの浅漬け(塩胡椒、白だし、レモン果汁)、目玉焼き、レモン、胡瓜
今晩は玉子とセロリ食べ過ぎ!

このページのトップヘ