青木葉 Eatful・Life

料理は基本的に何でも自分で作るスタンスです。卒煙&卒酒。外食はラーメン中心。ダイエットしてるつもり(笑)

タグ:ジャンバラヤ

塩麴に漬け込んだ鶏胸肉を、カルローズ米のジャンバラヤの具とトッピングに使おう。生米から炒めてフライパンで炊くピラフをいい加減マスターしたい!
20180325jambalaya01
塩麴鶏、ニンニク玉ねぎ、カルローズ、ホールトマトをスパイスで炒めて、今回は100ml多めの鶏ガラスープで炊きます。
20180325jambalaya02
結果的に水が多く20数分中火以下で炊くも、しかし芯が残るという最悪の状態に;そこにピーマン、パプリカの三種を加えて蒸らして、それでも水っぽいので弱火で炒める蛇足っぷり。やはり火加減が弱くて水が多過ぎという事でしょう。
20180325jambalaya03
その間に塩麴鶏をソテーして、最後にブロッコリーも炒めておきました。
20180325jambalaya04
何とか完成。いただきまっす。2カップの米を炊いて、我が家で一番大きい皿で1カップ分です。もちろん家族一緒の分でこれで一人前じゃねーよ!(笑)
]20180325jambalaya05
食べる頃には芯も無くなり、水は多めだけど味は美味しいです。今度こそちゃんとマスターしたい。でもこれなら素直に炊飯器使えば良かったんじゃないの?(笑)
塩麴に漬けた胸肉も中火でじっくり焼いたので柔らかく美味しいです。ただ全体の塩分も上がったので、千切りレタスやトマトと一緒に食べて丁度良くなる塩梅。
20180325jambalaya06
で、昨日の残りのビールを一本開けてごちそうさま。昔は一日2Lビールを毎日消費してたビールドランカーだったけど、今は一ヶ月に1~2L飲む程度です。だから許ちて^q^
ちなみに極貧時代に発泡酒と第三のビールを毎日数年間飲んでたら、ある日身体が受け付けなくなって、ホワイトリカー添加のニセビールが気持ち悪くて飲めなくなった。それ以来ビール我慢する位なら炭酸水でいいじゃない、と悟り今に至る。安上がりでいい(笑)
20180325jambalaya07
材料)
カルローズ、塩麴鶏(胸肉)、オリーブオイル、ニンニク玉ねぎ、ホールトマト、鶏ガラスープ、塩胡椒、クミン、コリアンダー、カイエンペッパー、チリペッパー、ピーマン、黄色オレンジパプリカ、ブロッコリー、ミニトマト、レタス、ドライパセリ

翌朝のジャンバラオムライス
これでも唯一成功したやつ(笑)
20180326jambalaomurice

冷凍ジャンバラヤが余ってるのでこれを生地で巻いてブリトーに再生させていただきます。ブリトーの生地で調べると、小麦粉捏ねて焼いてるものが出てくるけど、やはり薄い液状でクレープにしたほうが簡単です。自分が捏ねて伸ばして焼いたらナンになっちゃう;

ジャンバラヤ再生利用のブリトー、美味しいです。ピラフ類が余ったらオムライスも良いけどブリトーもオススメですね。しかしめちゃくちゃ食べ辛い; フォークで食べたらボロボロ;; ホイルでしっかり巻いて手で食べる方が良かったかも。でもこれってブリトーなのトルティーヤなの?
20160330janbarayaburrito
材料)
薄力粉 片栗粉 塩 水
ジャンバラヤ、マッシュルーム、塩胡椒バター、レタス、ケチャップ、ハム、チーズ

夕べのジャンバラヤを使って今朝はオムライスにしてみましょう。ジャンバラヤの味のベースになったチリトマトソースも少量余ってるのでアレンジしてかけます。
半熟オムレツは火にかけたフライパンに卵を流し込んですぐに火から下ろし、冷たい濡れ布巾の上でまとめてからジャンバラヤに乗せます。これなら結構な半熟度合いの卵焼きが出来ますね。見た目が悪いって?白身と黄身が分離してる?あっ、味で勝負だ!(敗者の言い訳
20160328omurice01
お皿によそったジャンバラヤの上に載せて、チリトマトソースをかけて完成。ほら卵焼きの不恰好さなんて関係ないでしょ(笑)真ん中に穴も開いたけど、ソースで誤魔化せて問題ないです^w^;
20160328omurice02
断面も良い感じじゃないですか。味の方は控えめでマイルドだったので、カロライナリーパーを極少量かけてちょい激辛にして頂きました。最近国産種の唐辛子ばかり使ってたので、激辛耐性がだいぶ落ちました; チキンライスやジャンバラヤが余った翌日は、オムライスがオススメですね。
20160328omurice03
材料)
ジャンバラヤ、生卵、牛乳、バター、塩胡椒
ソース)ジャンバラヤのベースに使ったチリトマトソース+ホールトマト+ケチャップ+塩胡椒

アメリカ南部料理の代表的ライス料理、なのに本場の正当なレシピがこれほど曖昧な料理も他に無いのではと思う程、検索しても本物のレシピが見つからない。なのでいつも通り適当です(笑)
20160327jambalaya01
玉ネギ鶏ホールトマトでベースを作って、今回も失敗したくないので炊飯器で合わせて早炊きモードで炊きました。ジャスミンライス3カップ:チキンスープ2.5カップを合わせトマトソースを流し込んでスイッチオン。炊飯器炊きなので、ジャスミンライスがフワッフワです。いつものパラパラとは違う軽い食感。トマトソースの水分もあり、お米とスープを3:2.5でもちょっとシットリするくらいでした。家族の為にあまりスパイシーにはしなかったけど、手加減したお陰で優しい味・・・。いつものカレーくらい強烈にしても良かったかな。でもそもそも本物の味を知らないんだから(笑)
8食分は作ったので、明日の朝もジャンバラヤです。あ、またオムライスにしましょう^Q^

材料)
ジャンバラヤ)
鶏ムネ肉、ニンニク玉ネギ、マッシュルーム、ピーマン、ソーセージ、ホールトマト、トマトケチャップ、塩胡椒、チリパウダー、ガラムマサラ、オレガノ、粉末鶏ガラスープ、ジャスミンライス、ドライパセリ
グリルドチキン)鶏ムネ肉、塩胡椒、ヨーグルト、チリパウダー
&リーフレタス、ミニトマト、ブロッコリー
 

このページのトップヘ