青木葉 Eatful・Life

自炊おとこメシとたまに食べ歩きBLOG。卒煙&卒酒。健康についても勝手な持論書いてます。

タグ:キムチ

気が付けばもう4月第一週も終わり、そういえばこの冬もインフルエンザに罹らずに済んだともう安心していいのかな?「あ、やばい風邪気味か?」となっても、抗酸化食材摂取して一晩しっかり寝たら悪化せず終わってたので、実質一度も風邪引いてない。素晴らしい。自画自賛。で、風邪ひいたかなと思って絶対食べちゃダメなのが「生ニンニク」ですね。耐性が落ちてるところに、腸内細菌や赤血球を破壊するものは食べるべきではない。精を付けようと二郎や焼き肉で生ニンニク摂取するのは逆効果です。でも我が家はみんな元気なので、生ニンニクタップリのキムチで(長いなオイ

溜まったキュウリのストックを片付ける第二弾は、やっぱり安易にキムチです(笑)
20180407kyurikimuchi01
家にあるものでベースのヤンニョムを仕込む。おろしリンゴ、おろしニンニク、唐辛子、ゴマ油、ナンプラー、醤油をペーストに。舐めるだけで汗がじんわり。
20180407kyurikimuchi02
ニラも合流して後は一晩寝かせていただきましょう。味見で舐めただけで汗が止まらない唐辛子を使ってる時点で、コレジャナイ感満載のキムチです;
20180407kyurikimuchi03
丸一日浸け込んで完成。いただきます。
20180407kyurikimuchi04
うま!辛!辛いぞ!後から脳天から汗が滴る。今夜は甘口の「たぬき丼」と一緒だったので、このカップリングは悪くなかった。自宅で作れば水っぽいだけの市販キムチより濃厚に食べられます。難しくないのでオススメ。でもやっぱりアミの塩辛は欲しかったな。売ってないなら今度はイカの塩辛で代用して作ってみよう。食後30分でまだ汗かいてます;
20180407kyurikimuchi05
あと風邪予防では鼻ウガイがオススメ。ナサリン使えば簡単です。

2017.12.25 仕込み編
前日萎れかけた白菜が送られてきたので(笑)早々に漬物にしないと!という事で、自家製ヤンニョムの残り処分も兼ねて、白菜キムチを仕込んでみる。白菜が小さめなので、割と扱いやすいかと思う。もちろん一株丸ごと状態で漬けますよ。
20171225kimuchi01
白菜の葉の合間に塗りこむ、ヤンニョムベースの具、唐辛子ペースト。ヤンニョムにおろしニンニク生姜、ニンジン、ニラ、長ネギ、甜菜糖、唐辛子、白だし、ナンプラー、すりおろしリンゴ(紅玉)。これだけ舐めても辛旨ッ!!一晩寝かせておきます。
20171225kimuchi02
白菜に塩を塗り込むの難儀しそう・・・とか思ってたら、簡単に開いていく。こりゃ浸透も早そうです。
20171225kimuchi03
2017.12.26 仕込み二日目
塩をすり込んで一晩放っといた白菜を塩抜きし、絞った状態。
20171226kimuchi01
ヤンニョムベースに柚子皮も加えて
20171226kimuchi02
白菜の間にスプーンで塗り込み。手袋して塗り込もうと思ってたのに、水が冷たいしメンドクサイのでこれでいいや。ほら、こんなモノグサでもキムチは作れますよ(笑)
20171226kimuchi03
梅干で余ってた漬物袋に入れて、空気を抜いて、梅干に使ったポリバケツに放り込んでベランダに出しておきます。大晦日にでも取り出して食べましょうか。それまでオヤスミ。
20171226kimuchi04
2017.12.31 実食編
五日間漬け込んでおいたキムチ完成。バケツのフタを開けた瞬間強烈にキムチ!めっちゃキムチ!大晦日の年越し蕎麦の前にキムチってどうなの?(笑)相当漬かり込んだ感じ。
20171231kimuchi01
実食。これ、かなり辛い!まだ夕飯には早かったのについついビール開けてしまった;もうちょっと旨味要素強めでも良かったかな。でも割とサラッとしてて、野菜の歯応えも残して悪くない。摘みながらTV見てたらいつの間にか二本空けて、寝てた(笑)
20171231kimuchi02

その後、毎年同じふのりのお蕎麦で年越し蕎麦。盛り付けが酷い;6人前茹でてしまい、食べ切れず爆死です。反省。いくら美味しい蕎麦も、食べてる途中で固まるくらい茹でちゃダメ><
20171231kimuchi03
今年も一年間、休まず毎日毎日よく飽きずに料理を作り続けました。来年は食べても食べても太らない料理を探求しよう。・・・・ん?太らないって事は痩せもしないって事じゃん!ダメじゃん!(笑) では皆様 良いお年を。

豆モヤシのキムチが食べたくなり、昨日韓国唐辛子を探しに買い出しに出たけど、どこも売ってない。で、今朝キッチンの戸棚を整理してたら、以前キムチで使った中国産の唐辛子が出てきたのでこれで作ってみる。まぁ小まめに掃除しろって事ですorz 昨日転んで打った脇腹は痛みも残ってないので良かった。材料を並べた写真を撮り忘れたので、いきなり調理編。玉ネギ生姜ニンニクをFPでおろしペーストに。
20171209moyashikimuchi01
小鍋でダシ汁と一緒に唐辛子を合わせて辛味ペーストにし、玉ネギチーム合流。
20171209moyashikimuchi02
調味料で味を調整して完成。今回は有るものだけで簡単に仕込みました。本格的に作りたいなら、アミの塩辛や松の実など入れれば相当グレードアップします。
20171209moyashikimuchi03
モヤシに合わせた残りはコーヒーの空き瓶に入れて保存。これさえあれば何でもキムチになります。やたら水っぽいだけの調味液に浸けた市販品とか食べる気にならないです。
20171209moyashikimuchi04
今回豆モヤシをレンジでチンしてみた。三袋分使ったので、結局6分くらいかけてた。でも豆モヤシは茹でた方がよろしいようで。
20171209moyashikimuchi05
1時間前に朝ごはん軽く食べてたけど、ちょっと味見(笑)
これがもう!もう!辛い!!カライカライヒ―――――――ッ‼ 脳天から汗が噴き出し止まらないので、先の中華風サラダを平らげてしまった(笑)このモヤシキムチ、味付けが薄味なので、醤油垂らして丁度良い塩梅。しかし辛い。これどうすんの;しばらく置いて熟成させて、豚と炒めたりして食べよう。すっかり辛いのに耐性が無くなりました;;
20171209moyashikimuchi06
材料)
豆モヤシ、自家製ヤンニョム(中国産粉末唐辛子、おろし玉ネギ・ニンニク・生姜、酒、醤油、ほんだし、黒糖、ナンプラー、ゴマ油)

E-itou Curryからの帰り、中の島の八百丸でニラがバカみたいに安かったので購入。
20170603nirakimuchi01
ニラは気が付けばすぐダメになってるので、一気に保存の利くニラキムチにします。しかし半分の五把でザルに山盛り;こりゃ毎日ニラ料理かと思うと背筋に冷や汗が(笑)
20170603nirakimuchi02
まずは基本のヤンニョム作り。これだけ作れば何キムチだろうとすぐ漬けられます。
今回の材料は韓国唐辛子、おろしニンニク生姜、ナンプラー、甘エビ油、白だし、酒、オイスターソース、甜菜糖。
20170603nirakimuchi03
これだけ舐めても美味しい。
20170603nirakimuchi04
ニンジンと新玉ねぎはスライス、千切りカットした後、大鍋に塩揉みしておきます。
20170603nirakimuchi05
そこにニラとヤンニョムを加えて混ぜ込み揉み込み。手にはビニール袋でOK。
20170603nirakimuchi06
ジップロックに詰めて完成。これでおかずに困らない。でも朝食に食べるのはやめておこう。ナンプラーもニンニクも半端なく使ってるので、味見しただけでまぁ臭い臭い(笑)キムチに関しては市販品は日本の漬物同様、調味液に漬けただけの偽物ばかりなので買うことは無いですね。自分で作ればレベルの違う美味しいものが出来上がりますよ。材料さえ揃えておけば、作るのはすごく簡単です。
20170603nirakimuchi07
夕飯で実食。
まだ漬かりが浅いのと、唐辛子の辛みが立ってるので、明日以降の方が良さそう。でも十分美味しかったです。これはご飯キラーですわ(笑)
20170603nirakimuchi08
さて、ニラを消費し切るまで【ニラmenu】シリーズが続きます(笑)

先日作った牡蠣の塩辛キムチを、ビニール袋に二重にしてベランダに置いてたら、カラスに突かれてベランダに転がってました。目に見える大きな穴は無かったけど、汁が外に滲み出てくるので泣く泣く廃棄です。
もうカラスにロックオンされてるのだから、注意と防護をしなかった自分の責任です。このキムチを利用して色んな料理を作りたかったのに;;冷蔵庫に残ってる分だけいただいてこの冬最後にしましょう。いや・・・唐辛子あったらもう一回作ってもいいかな(笑)
20170215kimuchi03

9日から牡蠣の塩辛を仕込み、12日に漬け込んだキムチを朝食で味見。
20170215kimuchi01
ステンレス鍋に入れてベランダに出しておいたのでキンキンに冷えてます;味は、三度目にしてやっと完成!これは究極的に美味しいと思う。過去に食べた韓国の壷漬けキムチとはまた違うけど、自画自賛出来るほどの美味しいキムチが出来ました。牡蠣の塩辛はどこにあるのか分かりませんが(笑)旨みの底上げをしてくれてるでしょう。今朝はオカズが多かったのでキムチは味見程度でしたが、本当に美味しかったです。漬物ジジイのレパートリーがまた一つ増えました^Q^
20170215kimuchi02

2017.02.09
寒い内にもう一回キムチを仕込んでみます。今度は生牡蠣入り。以前牡蠣を入れた時は酒でボイルしたけど、今回は塩辛にしてから白菜と仕込んでみます。スーパーで売ってる生食用厚岸産牡蠣を、まずは冷たい流水で洗い、酒と天塩で揉んで密封して冷蔵庫in。酒の誘惑に負けて単品で食べちゃったらゴメンナサイ(笑)
20170209kakishiokara
2017.02.12 仕込み編
三日経った牡蠣の塩辛。汁を舐めるとかなり塩辛い。キムチの漬け込み時間まで含めるとかなり勇気が要るけど;ここまで塩分高かったら大丈夫でしょう。
20170212kimuchi03
仕込んで二日間寝かせておいた作りかけヤンニョムに、自家製椎茸昆布茶、摩り下ろしりんご、上新粉の糊も加え、酒も追加してしばらく熱して撹拌。
20170212kimuchi01
冷めたら牡蠣の塩辛を刻んで汁も含めて一緒に、ニラや大根ニンジン柚子も混ぜ込んで下地の完成。シソ入れ忘れました;; この具材を混ぜた状態をキムチソックと呼んでいいのでしょうか?これだけで十分ご飯のオカズになります。
20170212kimuchi04
今回はちゃんと白菜の葉の間に塩をたっぷり塗りこんで水分を出しておきます。今までこれをやってなかったので硬かったんですね。当たり前のことを忘れてました;;; 2~3時間重石をして置いて、水で塩を流して水切り。
20170212kimuchi02
一斗サイズの漬物用袋に白菜を入れて、キムチソックを塗りこんで封をして、あとは2~3日ベランダ放置。最近最高気温が0~1℃と高めだけど、漬物には丁度いいでしょう。
今回白菜の半玉で仕込んで後悔。一玉分でも足りるほどキムチソックを作ってしまい余ってしまった。それは即席キムチに使うとして、とりあえず完成まで忘れましょう(笑)
ここまでが仕込み工程でした。
20170212kimuchi05
ヤンニョム材料)
韓国唐辛子、酒、味醂、おろしニンニク生姜、白だし、ナンプラー、自家製椎茸昆布茶、リンゴ、上新粉、塩、甜菜糖、胡麻油
キムチ材料)
白菜、ヤンニョム、塩、牡蠣の塩辛(塩、酒)、ニラ、大根、ニンジン、柚子
 

このページのトップヘ