青木葉 Eatful・Life

料理は基本的に何でも自分で作るスタンスです。 本気断酒入り 外食はラーメン中心 ダイエットまだ先(笑)

タグ:オオマイ

今日も相変わらず激痛の「肘頭滑液包炎」(多分きっと)でしたが、ロキソニンを飲むと一時間後にはスッと痛みが引きます。さすが痛風の激痛にも効果のあるロキさんやで!!いや、まだ痛風じゃないですけどね(笑)普段薬なんて飲まないから効果絶大です(笑)で、肘の痛みは夜になって痒みを伴う痛みになり、腕も伸ばせるようになってきたので、後三日の内には治りそうな予感です。所でノンアルビールにもプリン体は含まれるそうな。怖いですね((((;゚Д゚))))
20190823komaifry011
今日はパスタの予定だったけど、生鮮プラザで良いサイズのコマイが出てたのでメニュー変更。今夜はコマイフライにします。昔はコマイと言えば干物でしか知らなかったけど、北海道では生で手に入るので色々作れて楽しいです。
20190823komaifry001
コマイと言ってもこのサイズだとコマイとオオマイの中間くらいか。チュウマイ?(笑)
20190823komaifry002
コマイはタラの仲間でタラと同じような料理に使えるけど、皮が硬くて身が柔いので三枚に下ろすとグズグズになりがち;今回も不本意な結果です(TдT)
20190823komaifry003
まぁパン粉まぶして揚げちまえば分からねぇ!(笑)
20190823komaifry006
コマイを料理する前に、ポテサラを作るためのマヨネーズも作っておきます。
20190823komaifry004
今回仕上げに牛乳をドバっと入れ過ぎてしまい(笑)ああ失敗したと青ざめてたけど、これが良い感じにシットリタイプのポテサラになって美味しかったという(笑)作り過ぎたので三日間はポテサラが添えられます(笑)
20190823komaifry005
では、コマイは一枚4~5分揚げて完成。いただきましょう。
20190823komaifry007
最近は揚げ物ではガステーブルの温度設定は使わない方が上手く揚がりますね。え?使わないと右側の結果ですが何か(笑)
20190823komaifry008
しかし今回は身も薄く、以前作った2018年02月13日【おうちご飯】生コマイ(オオマイ)のフライ&アラ汁&白子ポン酢には及ばなかったですね。ある程度大きくないとフライには向かないかも。このサイズなら干して焼いた方が美味しいでしょう。それでも前回が美味しすぎたので今回イマイチに感じただけで、十分美味しいフライではありました。
20190823komaifry009
それともう一品、コマイの白子の煮付け。酒、あまくち醤油、生姜、甜菜糖で煮付けただけなのに、この油!その見た目通り、美味しいんだけど一個でグロッキーでした(笑)
20190823komaifry010
フライ材料)
コマイ(塩、酒)、小麦粉、溶き卵、パン粉、キャノーラ油、グリーンリーフ、トマト、マヨネーズ
マヨネーズ材料)
全卵、酢、塩、米油
ポテサラ材料)
とうや、玉ねぎ、キュウリ、ニンジン、ハム、塩胡椒、粉末鶏ガラスープ、牛乳、ナンプラー、ドライパセリ


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

2019.2.2
前日購入の生たらこをどうしようか悩んでいたけど、鮮度も良いし醤油漬けに出来るじゃん!と言うことで、まずは醤油漬け仕込み。それからスパゲッティに活用します。
20190202tarakoshouyuduke001
2019.2.3
コマイ、というかオオマイに近いサイズのが安かったので、天ぷらにでもしようと四尾購入。とりあえず三枚におろして水分を抜いておきます。
20190203komai001
31~32㎝の大きさ。これ位ならオオマイと呼ばれるサイズでしょう。(翌日スーパーでコマイの干物を見てきたら、頭を落としてもこれより大きかったのでコマイでいいです(笑)オオマイと呼ぶなら40㎝クラスでしょうね)
20190204komaitsumire005
三枚に下ろそうにも、身が柔すぎて無理でした;頭と内臓を取り出して塩水に浸けて、明日までペーパーに包んで使い道を考えよう。で、白子も入ってたけど諦めて廃棄。
20190204komaitsumire006
2019.2.4
醤油漬け仕込み二日目。醤油、酒、白だし、生姜汁、昆布のツユを、サッと酒が飛ぶ程度に煮て冷まして漬けておいたもの。今回は生タラコ醤油漬けスパゲッティにします。
20190204tarakospa001
で、その前に。挑戦したものの、コマイの方は三枚にキレイに下ろせずギタギタになってしまったので、天ぷらは諦めてつみれ汁にします。コマイでは初めてだけど、タラ科の仲間なので不味い訳が無い。しかし長芋おろしを入れ過ぎて、めちゃ水っぽくなってしまった;これは片栗粉小麦粉を加えても硬めにならず;
20190204komaitsumire001
無駄な抵抗で野菜も加え、冷蔵庫で冷やしてから小鍋で煮てから大鍋に
20190204komaitsumire002
ま、まぁ何とか体裁は(笑)今回も甘めミソ味のつみれ汁です。
20190204komaitsumire003
先日ダイソーで買ってきたネギカッターで白髪ねぎを作ると、残念過ぎる極太に!(笑)もっと何度も鋤かないとイカンのか・・・
20190204komaitsumire0004
案の定、コマイの身が少な過ぎて残念な食感のつみれになってました。味の方も、先日のホッケのつみれの方がダントツに上。コマイはつみれ向きじゃない、とは断言できない自分のミスなので、その内またリベンジします。でもその前に、コマイの唐揚げを作って食べてみたいです。
20190204komaitsumire004
では、生タラコの醤油漬けフェデリーニは・・・ジャングルかッ!!(笑)
20190204tarakospa002
わさび菜をそのまま横たえただけなので、こんな惨状に(笑)食べてる時にやっと「これって千切って盛り付けるんじゃね?」と気が付くも遅かった(笑)
20190204tarakospa003
パスタ自体は、ゴマ油と溶かしバターを加えてるけど水分が少なくて食べるのに難儀;味は良いんですが、まぁ結局は見た目がね(笑)最後に残ったわさび菜に、ポン酢振って食べるとツンと辛い。まだ半分残ってるので明日何かに使いましょうかね。生たらこもお茶漬けやそのままご飯載せやオムレツにと、使い勝手良すぎです。
20190204tarakospa004
つみれ汁材料)
つみれ(コマイ、長芋、おろし生姜、全卵、小麦粉、片栗粉、ニンジン、椎茸)、大根、ニンジン、コンニャク、椎茸、酒、味噌、ほんだし、白だし、三温糖、長ネギ、万能ねぎ
パスタ材料)
生たらこ(酒、醤油、白だし、生姜汁、昆布)、フェデリーニ、塩茹で湯、醤油、白だし、ゴマ油、バター、わさび菜、大葉、柚子、万能ねぎ


おうちごはんランキング


男の料理ランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村

澄川に買い出しに行くと、根室産の生コマイが激安!コマイどころかそれ以上に成長したオオマイも同じ値段で安く売られてたので、問答無用で2尾購入。すごく久しぶりです。この後昼飯を求めて歩き回ったので6㎞超歩いた。距離は大したこと無くても、重い荷物を持って雪道を歩いたので足腰ガタガタです(老
20180213komai01
大きいのは手尺で計ると、40㎝超。ここまで大きいのは初めてです。道外の皆さんが知ってるのは、頭と腹をバッサリカットされた珍味用の干物でしょう。札幌でもスーパーじゃこのサイズは見かけないです。というか生コマイ自体が余り売ってないか。以前は中の島に珍魚を仕入れるお店があって重宝してたんだけど、週に一回だけ仕入れて一週間「刺身用シール」を貼ったまま売り続けるというトンデモ経営だったので、さすがに潰れましたね。自分も数回被害に遭って学びました。通ってると何曜に仕入れるか分かったのでその日にしか魚買いませんでした。新鮮な内なら珍魚も美味しく、問題無かったです。
はいはい脱線しました(笑)
20180213komai02
澄川の生鮮プラザは安売特売コーナーでも鮮度は保証付きです。コマイはタラの仲間なので、同じような料理でOKです。今夜はフライかムニエルで悩む。
20180213komai03
おろしたら身が柔らかいくせに皮が硬いのでグズグズの状態に;これならフライでしょう。塩胡椒してキッチンペーパーで水分飛ばしておきます。そして両方とも白子がタップリ!これは酒茹でして白子ポン酢にします。臭みは無いです。
20180213komai04
アラは塩振って湯通しして味噌汁に。味見の時点で美味しい。
20180213komai05
今回は滑らかなタルタルソースにしようと、玉ネギ茹で卵をフードプロセッサーで滑らかにしたら、玉ネギの水分で水っぽくなってしまった;なので歯応え用玉ネギ微塵切りとパセリ追加。それでもサラッサラ。今夜はアッサリ仕上げって事で(笑)
材料)茹で卵、マヨネーズ、玉ねぎ、パセリ、塩胡椒、コンソメ、ナンプラー
20180213komai06
揚げ時間4分。またたっぷり出来てしまった。2尾分だとさすがに多かったな;
20180213komai07
タルタルソースは冷蔵庫で4時間寝かせてる内に良い感じにトロミ付いてました。うーん!これはウマイ!!今日はタラの切り身も買おうかと思って止めたけど、それで正解。オオマイのフライ、絶品です!最後の1個をとんかつソースで。それも美味し!
材料)コマイ、塩胡椒、小麦粉、溶き卵、パン粉、キャノーラ油
20180213komai08
アラの味噌汁。これも絶品の美味しさ!白だしを使ってるけど、コマイからも良いダシがバッチリ出てます。身は少ないけど、タラの仲間なので同様に汁物にすると美味しい。こりゃたまらんです。回転寿司屋にあったら絶対頼むわ!(何故回る前提なの?
材料)コマイのアラ、生姜、絹ごし豆腐、フンドーキン合わせみそ、白だし、万能ねぎ
20180213komai09
そして白子ポン酢。ポン酢には醤油とレモン果汁も追加。これがもう今夜のMVP!超絶品です。タラの白子のように太ってないけど、スッキリした濃厚さで久保田千寿に合う。千寿自体が料理の邪魔をしない酒なので、相乗効果で最高でした。ついでに茹でた肝も味見、こっちはイマイチ(笑)
20180213komai10
2尾で300円足らずのコマイで3品作り、どれも最高に美味しかった。CP最高大満足!
しかし、自分は夕飯時になっても全く腹が減らず(笑)ご飯抜きで酒と一緒にいただきました。昼飯も度が過ぎて食い過ぎるとイカンね。

先日買ったコマイ(オオマイ)に立派な卵巣が入っていたので、助子のタラコを仕込むついでに一緒にタラコとして塩漬けにしてみる。
2016.1.23仕込み
20160123oomai04
先日のタラコと同時進行で同じ作り方。たっぷり塩を振って、数時間後に裏返して塩振って、数時間後に塩水に浸けて塩抜きして数日寝かせて完成させます。果たして助子のタラコと比べてどんな味なのでしょうか?楽しみです。
20160123oomai05
2016.01.27
気が付けば仕込から5日目に; 助子より一日多い丸二日塩漬けにして塩抜きしてから二日間熟成し、ここからさらに冷凍します。助子タラコと消費がダブるのと、寄生虫対策を兼ねて。
20160127komaitarako
2016.01.31
解凍実食
検索してもコマイの卵巣はほぐした醬油漬けが主流なようなので、このようなタラコ式塩漬けは珍しいでしょう。お店ではまず売ってない珍品、食べた経験者も少ないはず。ではいただきます!
20160131komaitarako01
味はタラコ。しかし助子や真鱈子よりも粒がしっかりしてて、タラコの舌触りより少々粗い。旨味は十分です。好奇心は満たされたけど、胃袋はまだ満足はしていない(笑)オオマイを見つけたらメスであることを願ってまた買いましょう。美味しかったです。
20160131komaitarako02
材料
オオマイ(コマイ)の卵巣、天塩

2016.02.06
朝食で焼きタラコにして食べたらこれもまた最高に美味しかったです。
20160206komaitarakoyaki

昨日、中の島あるよでコマイを2尾買って来た。一尾¥198。しかし大きさは40cmあるので「オオマイ」と呼ぶのが正しいでしょう。前回より3cm大きいです。
20160123oomai01
お腹が膨れてるのでこれは期待できます。ウロコを取ってヌメリを落としたら背開きにします。
20160123oomai02
水分が多い魚なので、たっぷり塩を振って水分抜きます。カラスに注意してベランダで干す。気が付けば半分凍ってました(笑)夜中からは冷蔵庫に移動。
20160123oomai03
そして今回のお宝!立派な卵巣と、肝がちょっと。同じタラの仲間なので、この卵巣もタラコにしてしまおう。肝は煮付けにしておきます。コマイのタラコなんて道民でも馴染みがないでしょう。
20160123oomai04
朝食でいただきます。一度に一尾しか焼けず、かなり時間かかりました。味は、塩を振り過ぎて塩辛い;ついつい同時進行のタラコと同じ感覚で塩を振りかけてしまいました(笑)しかし魚の味自体は最高。旨味の塊。肝の煮付けは昨日味見したけど、ネットリ濃厚で美味しかったです。干物以外の生のコマイ、しかも成魚のオオマイを開きにして味わえるなんて、道民の特権ですね^Q^
20160124komai

このページのトップヘ