青木葉 Eatful・Life

料理は基本的に何でも自分で作るスタンスです。卒煙&卒酒。外食はラーメン中心。ダイエットしてるつもり(笑)

タグ:インド料理

そろそろ本物のカレーを食べて舌をリセットしたいと思いつつ中々行けなかったジャドプールへ久々に伺う。実は次週の「おにぎりあたためますか」でついにジャドプールが紹介されてしまう大ピンチ!番組予告ではジャドプールとは触れてないけど、ここのお客なら一目でわかります;
お店にとっては嬉しい事ですが、知る人ぞ知るこの隠れ家的お店が人気TV番組で紹介されたら行列店になるのは必至。きっともう以前のようにまったりと食事を頂く事は出来ませんから、行くなら今のうちです。TEAMナックスのリーダー森崎さんが昨年訪れてるので、ナックス関係の番組に登場するのは時間の問題でしたね。
20160527jhadpul001
お目当てはずっと食べたかった『春の御膳』。良い値段ですが、実際食べたら値段以上のクオリティなのがジャドプール。絶対期待を裏切らないでしょう。楽しみ^^
20160527jhadpul002
春の御膳が登場するまで御膳の食べ方を読んでみる。そこまで指南しなくてもって位細かい(笑)
20160527jhadpul003
今日も最初の客なのですぐに提供されます。素晴らしい配置配色。涎物です^q^ 平日限定5食なのはこれまた限定のビリヤニが使われてるからなんですね。貴重な季節限定メニューです。
20160527jhadpul004
今回チョイスしたカレーは「アーンドラチキン」。中辛というのはおかしいくらいしっかり辛い。これ普通の人には結構な激辛じゃないでしょうか。美味しいです。勿体無くてあんまりライスにかけなかったので最後まで余りました(笑)さすがにスパイス使いが素晴らしいです。真似できません。
20160527jhadpul005
エッグマサラ。これ単体で食べても美味しいし、説明通りにカレー達と混ぜて食べても美味しい。そういえば何で自分は今まで作らなかったのだろう?自宅でも作ってみよう。
20160527jhadpul006
サラダ。ライスに混ぜ込んでカレーをかけて食べると歯応えとフレッシュな味わいが最高。
20160527jhadpul007
左)ホウレン草のポリヤル 中央)タケノコのサブジ 右)行者ニンニクのアチャール
今日のMVPは行者ニンニクのアチャール!これは香り素晴らしく酸味と辛味が美味しい!これだけを舐めながら強いお酒をストレートで味わいたい。全部が最高なのにその中でも更に最高。
20160527jhadpul008
パパドゥの裏に隠れてるのが、桜色のライタ、桜エビ、アスパラのアチャール。カレーを輝かせる最高の脇役。個人的にアスパラのアチャールが気に入りました。かなり塩辛くスパイシーでこれだけでライスいけちゃう。そこにライタのヨーグルトの酸味と桜エビの香ばしさを加えるともう夢見心地です。パパドゥは手の平で砕いてライスにかけていただきます。そのままカレーに浸すよりグッと良くなりました。
20160527jhadpul009
もはや毎回必ず追加して頼むチキンティッカ。カレーが足りなくなった時の保険でもあるけど、今回は圧倒的にライスが足りなかった位だったのでそれは杞憂でした。でも美味しいからやっぱり頼んでしまうのです^Q^ ああもう!ビール欲しい!
20160527jhadpul010
バスマティライスの前に、ビリヤニを頂きます。この酸味の効いたフレッシュ&スパイシーなビリヤニは北海道でもここだけかと。やはりまたビリヤニを楽しむ為に来ないといけない。 
20160527jhadpul011
食事中画像ですみません;、パーツを一つずつ重ねていって味の変化を楽しみます。もちろん説明文なんて無くても最初から全部混ぜるなんて無粋な事はしません。本当に何て色んな表情を見せてくれるメニューなんでしょうか。美味しすぎて終始ニヤケながら食べます(笑)
20160527jhadpul012
食後のドリンクは「スライマニチャイ」をチョイス。レモンの酸味とミントの香りが最高。無糖なので口の中がサッパリします。もう最高としか言ってませんが(笑)何もかも最高なのだから仕方が無い。
20160527jhadpul013
結局バスマティライスを二回もお代わりしてしまいました(笑)最初のお代わりの時にベルを鳴らすと、オーナーがライスのボウルを持って階段を上がってきたので苦笑。いつも二往復させてしまい申し訳ないなと思ってたので、しっかり読まれてます。この春の御膳ではお腹一杯にならないだろうと思ってたけど、お代わりによって満たされました。しかもそれぞれのサブジやアチャールの味がしっかりしてるし、まだ残ってるのでもう一回ライスお代わりしたかったのが本音です(笑)
20160527jhadpul014
結局¥2200(+チキンティッカ)の春の御膳は、この値段では信じられない内容でした。むしろこの値段で出してもらって客として幸せです。心底大満足でした。このお店にはいつも勉強のつもりで来てるので、値段の事は考えません。それでも驚きの料金設定だと思う。
来週火曜の「おにぎり」放送後は混みそうなので、また涼しくなった頃に味わいに参りたいです。混んでない情報があったらすぐ来ます!(笑)

雪が降って足が遠のくまであと何回来られるだろう・・・おそらく今回が年内最後のジャドプールかも知れない。自分も大好きなゴスペラーズ黒沢薫氏のTBSラジオ(たまむすび 11:40頃から)での「札幌のジャドプールが暫定日本一」という発言と、雑誌での紹介(Poroco「札幌の美食店」内の隠れ家にしたい穴場店)の影響から、落ち着いて食べられるのも今日で最後と思い、しっかり味わいに行こうと思う。
20151106jhadpul01
今回も一番客でした(笑)しかし、料理を待つ間にマダムの方々が続々と来られて、やはり今までのように一人静かにランチを、という訳にはもういかないようです。むしろ今までの状況がおかしいくらいの名店なのですから、これが当然です。今回は最後まで取っておいた大本命のターリーを注文。ナンかチャパティを選べるのでナンを選択。
20151106jhadpul02
ランチのターリーでは選べるカレーはひとつなので、ジャガイモとほうれん草のカレー「アルパラク」を選択。
20151106jhadpul03
このアルパラクが素晴らしい。自分が作ってるのはナンチャッテカレーなのだと思い知らされる。香りも良く辛さも申し分なくジャガイモもトロリと舌の上にとろける。絶品。
20151106jhadpul04
左のダル豆のカレーも豆の風味が素晴らしく、右のヨーグルトサラダのライタもスパイシーで素晴らしい。目が覚めるような鮮烈な絶品。絶品絶品と言い過ぎですがどれを食べても本当に美味しいのだから仕方が無いのです(笑)
20151106jhadpul05
ヒヨコマメと赤玉ねぎのサラダも本当に美味しい。手前のミントとコリアンダーのチャトニも、初めて訪れた時のミールス以来だけど本当に素晴らしい出来。もっとたっぷりと延々舐め続けたいフレッシュな風味です。
20151106jhadpul06
左のチキンティッカはいつもながら柔らかくスモーキーで最高。右のキャベツのサブジも箸休めとして優しい味。チキンにはチャトニを付けたりして味の変化を楽しみました。
20151106jhadpul07
そして、ジャドプールではじめて頂くナン。こんなに美味しいナンは初めてです。ナンだけを食べて感動する事は少ないのですが、本当に素晴らしい。
20151106jhadpul08
食後のマサラチャイ。今回バスマティライスをお代わりしなかったためにオーナーから心配?されたけど(笑)その代わりカレーその他の味をじっくり味わい尽くせました。ジャドプールに来てから二ヶ月半経ちましたが、このお店の味に触発されてMyカレーブームが起こり自分でも作るようになって、外で食べるカレーの味がちゃんと分かる様になったのは嬉し楽しい経験でした。
20151106jhadpul09
今日の札幌は前日の陽気から一転、気温一桁の冬の寒さと生憎の曇天でしたが、気分は晴れやかです。こんなに美味しいインド料理店に通えるのは本当に幸せな事です。心底美味しい料理を楽しめました。ごちそうさまでした。やはり根雪になっても訪れたいですね^^
20151106jhadpul10
追記)
今日はなんと奥田民生ちゃん(失礼;)が来られたようで、自分がその場に居合わせてたら失神してたかも知れません(笑)確かにお忍びで来られるには最高のお店です。

昨日買ったカリフラワーが変色してきたので、朝日が昇る前の早朝から朝食の一品を作る事にした。ジャガイモもまたダンボールで大量に購入したので、結果としてジャガイモとカリフラワーのサブジ「アルゴビ」になりました。
20151015aloogobi02
前回はカリフラワーがボロボロになってどこにあるのか分からない状態だったので、今回はそこを気をつけて、芋も崩れないようメークインを皮付きのままワイルドに調理。結果として歯応えと食感の良い美味しいサブジが完成です。味付けは塩だけなのにものすごーく美味い!難を言えば、フェヌグリーク要らなかったなぁ。これだけで延々ビール飲めちゃう。カリフラワーもジャガイモも、それ単品で旨味の濃い野菜だと気が付きます。天然素材オンリーだから身体にも優しいインド料理です。 
20151015aloogobi01
材料覚書
カリフラワー、メークイン、タマネギ、ニンニク、生姜、トマト、レモン、塩
スパイス
(ホール)クミン(パウダー)コリアンダー、うこん、カイエンペッパー、フェヌグリーク
 

昨日までの悪天候から一転、快晴の札幌。しかし午前の気温は一桁の寒さ。手稲山では初冠雪。北海道は一気に冷え込みました。そんな日は、やっぱりカレーでしょう。いや、暑くても寒くてもカレー。今朝も食べたけど昼もカレーなんです(笑)と言う事で久しぶりのジャドプール。この店は晴天の背景が良く似合う。
20151014jhadpul01
いつも最初の客。まだ混み合ってる店内を知らないので、いつか夜のジャドプールにも訪れてみたい。すでに店内には暖房の空調。ストーブとブランケットも用意されてました。
20151014jhadpul02
今回やっと賄い風カレーを注文。自分の作るフィッシュカレーと比較したかったので、ココナッツフィッシュをチョイス。魚はマグロです。それと前回同様、チキンティッカと、チャパティも追加。完全にお腹一杯コースです^^
20151014jhadpul03
寒くても日差しは眩しい窓際の席。ここ以外座ったことが無いです。何故って、景色も見られるけど料理の写真を撮るにはここがベストポジションなのです^^
20151014jhadpul04
いつも通り、5分と待たせずに登場です。相変わらず素晴らしい眺め。左がココナッツフィッシュカレー。右がサンバル。カレーの方は、ココナッツは薄めでむしろトマトが勝ってる。酸味が強く、スパイス感も控えめ。自分の作るエスニックフィッシュカレーとは逆方向でした。南インドのフィッシュカレーはこういうライトなタイプで良いんですね。サンバルは野菜ゴロゴロ、優しい味。バスマティライスは柔らかめ。家ではもっと茹でて良かったのかも。自分で作ってから再訪すると、違いがよく分かるようになりますね。
20151014jhadpul05
黄色いサンバルにはマスタードシード、赤いココナツトマトにはカレーリーフがたっぷり使われてました。いくらでも食べられる、食べ疲れないカレーです。

ライスの端に添えられてるのは、砂肝のスパイス炒め。インド料理で砂肝?(笑)しかしこれが美味しい。オーナーの好きなハートランドもつい注文したくなる(ダメ!><
(注:検索したら砂肝料理はインド・ネパールにもあるんですね。無知ですみません;;)
20151014jhadpul06
対面には、大根とニンジンのアチャール。唐辛子もゴロゴロ入ってるのでしっかり辛いです。どちらも歯応えしっかり残した仕上がりで、砂肝と共に素晴らしい存在感。
20151014jhadpul07
チキンティッカ。柔らかくてスモーキーでジューシー。ビールを・・・下さい・・・
20151014jhadpul08
お店で食べる久しぶりの本物のチャパティ。これ、これですよこの薄さ。自分のはブ厚い上に打ち粉付け過ぎ; 全粒粉の風味そのまま美味しいチャパティ。満足しました。
20151014jhadpul09
チャパティを使ってお皿に残ったカレーも平らげ、追加で食後のチャイも。前回よりスパイスも甘味も控え目の穏やかな味。注文付いたのかな?むしろもっと生姜とクローブ強くて良いのに。でも美味しいです。
20151014jhadpul10
今回も食事が終わるまで、タブラの流れる静かな空間で過ごせました。ランチタイムで混み合う前の贅沢な時間。時々は本物の味を確かめに訪れたいですね。
20151014jhadpul11
気がつけば紅葉が始まってました。近いうち円山散策もしたいです。

ゴーヤが一本丸々余ってて使うタイミングも無く放置してたので、サブジにしてみよう。インドでは中の綿は取らないの?いつも捨ててる部位なので、この際だから一緒に炒めてみる事にした。種は抜いておきます。
ちなみにインド料理でゴーヤの皮を削ぎ落とすのは、インドのゴーヤが死ぬほど苦いからだと思う(現地経験済)。日本の品種改良されたゴーヤには不要な処理と思う。
20151001goyasabzi
一般的なレシピから生姜を入れ忘れた!でも蒸し煮にするのに昼のチキンスープを使ったので中々複雑な風味; これは苦いの好きな人には限りなくビールが進む一品ですが、正直挽肉入れたらオカズになったのにとちょっと後悔。今回は少し辛めに作りました。
材料覚書
ゴーヤ、玉ねぎ、ニンニク、青南蛮
スパイス)クミン、コリアンダーシード、フェンネル、ローレル
パウダー)ガラムマサラ、カイエンペッパー
フォー用チキンスープ(前記事)、 バター、塩

夜はフォーのスープで生姜たっぷりジャスミン米を炊いてチキン&ズッキーニのチキンピラフに。それにサブジとセロリ浅漬けが合う。辛抱たまらずビールと一緒にいただきました。ご飯美味い~ゴーヤ旨味い~全部最高自画自賛。ゴーヤの中綿は捨てる事なかったんですね。種も食べても問題ないみたい。インド料理深いわぁ・・・キリがない。
20151001goyasabzi02
雑談)
食後の血圧「118/78」「118/80」 ラーメンばかり食べ歩いてる時は上は130台とかなり高めなのに、カレーの日々だと110台から120台前半で落ち着きます。スパイスと辛味を使うと塩分控えめに抑えられるって意味もあるけど、やはりスパイスの効能的なものもあると思う。まぁカレー食べなくても、ウォーキングと菜食と乳酸菌生活でも同じように下がりますね。ラーメンは時々食べる位で抑えて、カレーはもう少し勉強したいので続けます;毎日のラーメン生活は早く死にますからね。何人見送ってきたと思う?

青唐辛子が使い切れず冷蔵庫の肥やしになってるので、さっさと保存食にすべくアチャールにしてみた。青唐辛子のスパイスピクルスと言えばいいのかな?
20150922achar01
レシピはネットで探して適当に作ってみます。作り方も千差万別でどれが正しいのかわからない。インド料理は迷宮過ぎて、スパイスの海に溺れ死にそうです(笑)
20150922achar02
スパイス空炒り。クミン、フェンネル、フェヌグリーク、マスタードシード。低温から徐々に温度上げて行って焦げないように炒っていくと、パチパチ爆ぜる頃にはすごくいい香りが!
20150922achar03
それを擂鉢で擂り始めるも全然粉々になってくれない!いい加減キレてミルを使ったら一瞬でパウダーに!(笑)最初からそうしましょうよ;二回に分けてミルミル・・・
20150922achar04
ナッツのような良い香り!舐めてみても美味しい。そこに塩とオリーブオイルとレモン汁でペーストに。腹を割った青唐辛子に詰めて行って完成。唐辛子の品種が違うので、モハンディッシュのような激辛じゃなくピリ辛程度でしょう。カレーだけじゃなく唐揚げとかそういうものに付け合せで食べましょうか。あ、急になるとの若鶏が食べたく・・・・・・
20150922achar05

昨日のズッキーニロマネスコが余ってるので消費するため朝の内に一品用意しておこう。サブジとは野菜のスパイス炒め、炒り煮の事なので大抵の野菜で作れるのがありがたい。しかしインドでは玉ねぎだけのサブジとライスで夕食を用意されてさすがに一口だけ食べて残したトラウマがある(泣)。必ず単品で食べて美味しい野菜で作りましょう(笑)
20150922zuccisabzi
フライパンに油とクミン、マスタードシードを入れて火にかけて香りが立ったら野菜と他のスパイスを入れて炒め、少量の水で蓋をして蒸し煮。塩だけで味付け。まぁシンプルすぎるけどズッキーニが美味しいのでこれだけでビールいけちゃいそう。飲みたいなぁ^q^

材料覚書
ズッキーニロマネスコ、青唐辛子、おろし生姜
ホール)クミン、マスタードシード、コリアンダーシード、
パウダー)うこん、パプリカ、ガラムマサラ

感想)
夕食で生秋刀魚塩焼きと新米と一緒に出したらもう一塩足りず、試しに醬油を垂らしたらグッと美味しくなった。醬油って偉大(笑)スパイスにも醬油は合うんですねぇ。

このページのトップヘ