青木葉 Eatful・Life

料理は基本的に何でも自分で作るスタンスです。卒煙&卒酒。外食はラーメン中心。ダイエットしてるつもり(笑)

タグ:お麩

先日、山鼻の畠山商店で生ハバネロを買ってきたのでコーレーグースに補充。
20181019fuchample01
おわかりいただけるだろうか?底に沈殿してる何種類もの唐辛子のエキスを・・・
20181019fuchample02
今夜のメインは、簡単にフーチャンプルー。
20181019fuchample03
お麩をうるかして
20181019fuchample04
しぼってー
20181019fuchample05
千切ってー 卵と白だしの卵液に絡めてー
20181019fuchample06
焼いてー
20181019fuchample07
他の野菜たちと炒めて完成。ほら簡単。でも在庫があると思って買い出しで買わなかったモヤシが無い!という事でキャベツで代用。しかしニンジンと共に歯応えあって、フワフワのお麩とちょっと合わない。やっぱりフーにはモヤシかな。
20181019fuchample08
でもちゃんと美味しいから良いや(^ν^) コーレーグースがちょっと一時期ほど辛くなくなってる気がするけど、多分最近カロライナリーパー使ったり激辛メニューなんかも食べに行ったりしてたからかも。これで辛く感じないなら、市販のコーレーグースはそのまま飲めるわ(笑)
20181019fuchample09
材料)
麩(溶き卵、白だし)、ニンジン、キャベツ、ニラ、刻みニンニク生姜、塩胡椒、白だし、花かつお、紅ショウガ

日曜は簡単メニュー って事でお麩を炒めるフーチャンプルー。あ、昨日キングもやしの小袋を生協で買ってきたけど、250g¥80だったので、以前の大袋が如何に割安なのか分かりました。今度から1㎏で買おう(笑)
20180304fuchample01
8年7ヶ月目の自家製コーレーグースも凄い色になってきました。画像は明るく処理してるけど、もっと濃い色合いです。漬け込んだ歴代唐辛子も、島唐辛子、南蛮、ジョロキア、赤黒オレンジハバネロと色々使ってます。クセの強い唐辛子も使ってるのに、それでも匂いはコーレーグースそのものなんですね。札幌でこんな変態調味料仕込んでるの他に居ますか?(笑)語り合える友がいないのが淋しい(笑)
20180304fuchample02
棒麩は白だしを薄めたつけ汁で戻して
20180304fuchample03
千切ってギュッと絞って溶き卵二個分に絡めてしばし放置。結構吸いました。
20180304fuchample04
フライパンで先に焼いておきます。焼けたらもう一つのフライパンで野菜類とコンビーフを炒めて、最後に焼いたお麩を合流し味付け完成。
20180304fuchample05
・・・うーん、これは明石焼きチャンプルーかな?(笑)車麩と違って丸く焼けるので、棒麩は良い感じの仕上がりでした。本当は沖縄のくるま麩が欲しいけど、札幌だと大通りのわしたショップに行かないと買えないし、値段も高いのでこれで十分です。
20180304fuchample06
早速最初から鬼コーレーグースをかけていただきます。んほっ!いい香り!しかも辛くない!と調子に乗ってご飯と一緒にワシワシかき込んでいたら、後で来ました(笑)辛ッ!!脳天から汗だく。実際舌には感じないけど喉に来る辛さでした。しかしウマイ。味付けも完璧!正直、沖縄以外の外食の沖縄料理店はどこも微妙で美味しくないお店が多いので、結局自分で作るようになって25年近いですが、専門店で店主不在時に作って出してたので(こっちは客なのに^皿^;)そんなに腕は悪くないと思います。悪いのは中途半端な熱源のIHキッチンのせいだ!(笑)
20180304fuchample07
もう一品、残り物食材でサラダ。このおかげで熱い舌と身体が冷めました。
20180304fuchample08
フーチャンプルー材料)
しきしまの棒ふ(溶き卵、塩、白だし)、米油、コンビーフ、モヤシ、ニラ、ニンジン、ニンニク、創味シャンタンDX、本だし、花かつお、紅ショウガ

先日わしたショップで沖縄のお麩を買えば良かったのだけど、買い忘れたので仙台麩で代用します。フーチャンプルは戻したお麩を卵に絡めて焼いて肉代わりにした炒め物ですが、ふっくらして非常に美味しいと思う。マズイ大豆肉なんて使うくらいならお麩を使いましょう。お子様にお麩で唐揚げを作ると、口に入れる瞬間まで完全に騙されて反応が楽しいです(笑)
20160311fuchample01
お麩はだし汁で戻すと味がしっかり染みて美味しいです。と言っても白だしとほんだし(笑)
20160311fuchample02
柔らかくなったお麩を軽く絞って卵に潜らせ、フライパンで焼き、お皿に移して野菜類を炒めて最後に合わせます。一緒に全部炒めるとグズグズになるので、最初から卵にも下味付けておきます。
20160311fuchample03
野菜を炒めてる間にお麩が萎んでしまって悲しい!! 形の悪いお麩を5つほど一緒に炒めて、他は後乗せトッピング。薄味だけど評価は上々。ツナ缶の汁気で水っぽくなったのが残念ポイント。お麩はフワッフワ。ここまでフワフワしてなくても良いじゃないか、ってくらいフワフワです(笑)
20160311fuchample04
秘蔵の自家製コーレーグースも出してみた。これかけるとお菓子みたいな風味になって美味しいのです。でもこの中身、ジョロキアとハバネロ(笑)しかも自家栽培。泡盛は10数種類もブレンドして使ってます(自分が飲んだ残りじゃないか!^^)。かなり辛いかと思いきや、もう7年くらい熟成させてたおかげでかなりマイルド。でも食後脳天からの滝汗が止まらなかったので、それなりに辛いのでしょう^^;;; 今年は久しぶりに激辛生唐辛子を購入してステップアップさせてみようと画策してます。スコーピオンやカロライナリーパーの生を加えるか、黙って沖縄の島唐辛子にするか・・・どうせ作るなら悪魔を生み出したいでしょう(笑)
20160311fuchample05
材料)
仙台麩、溶き卵、もやし、ニラ、ニンジン、万能ネギ、塩胡椒、ツナ缶
白だし、ほんだし、自家製コーレーグース 
 

このページのトップヘ