青木葉 Eatful・Life

料理は基本的に何でも自分で作るスタンスです。卒煙&卒酒。外食はラーメン中心。ダイエットしてるつもり(笑)

2015年06月

奈良県産の青梅が届いたので、今年久しぶりに梅酢を作ります。
二年前に作ったものがやっと消費終わる。漬け込んで余った梅肉は刻んでヨーグルトやミューズリーに加えて食べてます。美味いです。
20150618umezuduke

本来は氷砂糖なんだけど、自分は甜菜糖。一ヵ月後から飲めます。ウォーキング後に炭酸水で割って飲むと生き返ります。冬の風邪っぽい時にはお湯割りで飲むと良いですね。
20150618umezuduke02

久しぶり二度目のきたなシュラン三ツ星の福来軒。モヤシの量すごい。麺も多目。甘めのスープ。全体的にレトロ感バリバリで、この味で育った人はこの味じゃないとダメなのだろうなと思う。常連さん率100%っぽい。食いすぎです・・・
20150614fukuraiken02
20150614fukuraiken01

夜は外でラーメンを食べない自分なので、ススキノ界隈の夜間だけのお店はどうしても敷居が高い。しかし昨日の根性ラーメンで完全に激辛スイッチが入ってしまい、気になっていた激辛系のお店が朝の五時まで営業との事で、未明三時に食べに行ってしまった。徹夜明けなので空腹の極み。そんな状況で食べるラーメンではなかったのでしたが(笑)
~今月6月一杯まで19:00~05:00の営業 のち昼の部と夜の部の営業との事~
20150614ramen14-1
このお店のメニューで辛さMAXの14倍。スープが真っ赤なのに更にキメの細かい唐辛子パウダーが上にドバッと。何かの冗談かと、ヒヤヒヤしながら手前のスープを飲むと、辛くない!ならばと向こう側の唐辛子エリアを全部溶かして飲むと、辛くない!(笑)甘い!(笑)美味い!美味いんです。もう舌がどうにかなってるんだと思う。普通の人は参考にしないで下さい
20150614ramen14-2
マグマのような危険な色。でも辛さより甘味が勝る美味しい唐辛子です。お昼だったら絶対ライス追加です。ホロリと柔らかいチャーシューも肉の旨味をしっかり残して絶品。正直激辛系でここまで美味しいと感じるラーメンは初めてでした。
(辛さについてはあくまで自分の味覚と体質での感想です)
20150614ramen14-4
チャレンジメニューでも無いのに、最後まで飲み干してしまう魅力。店主さん?曰く、今まで最大の辛さを注文した客は40倍だそうで。しかし多分これ以上唐辛子を増やしても左程辛くはならないと思う。自分には14倍でベストに思えた。これ以上唐辛子増やしても咽るだけです(笑)これがジョロキア一味だったら致死量ですが・・・
20150614ramen14-3
メニュー構成は味噌塩醬油の三味と、唐辛子抜きのノーマルもあるので、普通のラーメンも味わってみたいです。一番激辛でも美味しく味わえるラーメンだったので、どれを食べても美味しいでしょう。また行きたいですね。
20150614ramen14-5

最近久しぶりに激辛スイッチが入ってしまい、しかしデスソース系の辛さは舌が痛いだけで美味しくないので、唐辛子たっぷり系のラーメン屋に行って来ました。
ラーメンの鵬龍。環状通からちょっと北に入ったところにありました。
ボロい。まさにBC級レトログルメ店な外観。期待できます。
20150613houryu-jigoku01
一応根性ラーメンとチャーハン等飯物の注文が出来るか尋ねたけど、挑戦するなら単品でないとダメでした。もちろん注文は一番辛い「地獄5丁目」。辛いかどうかより水が三杯までってツライかも・・・20150613houryu-jigoku02
やってきました。赤い!しかも粉っぽい!しかも巨大ドンブリにスープがめっちゃ多い!これを30分で食べ切れば無料!ではいただきます^q^ 辛さは・・・意外と辛くない。舌が熱い程度。でもすぐに脳天から流れ出る汗。チャーシュー美味しいです。これにご飯ぶち込んで食べたいじゃないですか。単品だけなんて殺生です。20150613houryu-jigoku03
丸ごと唐辛子も3本入ってて、きっとこれも食べないといけないんだろうなぁ~と思いつつ、豆腐やチャーシューと一緒に食べる。後半半分残ったスープを丼に口つけて一気飲み。完飲完食です。お水はコップ半分しか飲んで無かった。お水の心配は杞憂でした。20150613houryu-jigoku04
これが自分のタイム。30分も必要ないです。これで無料だなんて、タダ食いで帰るなんて、気のいいお父さんお母さんに申し訳ない!という事で20150613houryu-jigoku08-2
チャーハン(¥500)も追加です(笑) しかし、注文直後から胃袋がもんどり打ち始めた。胃がひっくり返りそう!自分の胃、反応鈍ッ!!そして出てきたチャーハン、結構なボリューム。茶碗二膳分はありそう。しかも熱いから、唐辛子で焼けた舌にナイフのように突き刺さる。痛い!こりゃどんな拷問だ;正直、根性ラーメンよりこっちが地獄だった!しっとりふんわり系で、清く正しい中華食堂の炒飯。美味しいです。ただね、食いすぎ(笑)20150613houryu-jigoku05
20150613houryu-jigoku06
20150613houryu-jigoku07
基本的にどれも安くてお客に優しい料金設定。こんな店が近くに欲しいと切に願う。

餃子にライスお代わり自由のランチセットが¥850とお得でした。
それに海苔追加(+¥100)でご飯もついついお代わり。ライトなスープに家系らしからぬ細麺で、しかし物足りなさは感じない美味しいラーメンでした。
20150611yayaya02
20150611yayaya03
20150611yayaya04
20150611yayaya05
20150611yayaya01

20150609hatsugatsuo
いつもの新鮮MAXな魚屋に行くと、ずっと食べたかった刺身用の鰹が並んでた。煮魚目当てだったけど¥398だったので今夜は迷わず鰹!魚屋の兄さんに皮引いてもらったら、これが全然引けない。その度に両端の身が犠牲になる。「やめてー!自分で家でやるから!!」と何度叫びそうに成ったであろう。気分悪いまま、夕食で刺身に切ると研いだばかりの包丁でも中々切れない身の柔さ!ひぇぇこりゃ自分で皮引き無理だ。兄さんごめんチョ! 
自家栽培の山椒の木の芽と鰹を大葉で巻いて生姜醬油でいただく。超美味しい。
冬の間から抱えてた願望がついに昇天!これで¥398。見た目の悪さは自分の腕の無さなので、それに目を瞑ればやっぱりおうちでご飯が一番です。

ヤサイ「マシマシ」の基準量を知っておこう、と自分に言い訳しながら二郎に向かう。
やはり札幌の野菜マシマシは少なめですね。でもこれで丁度良かったです。
今日も美味しい札幌二郎。しかし!ここで初めてガチゴム豚に当ってしまった。
ある意味貴重な経験でした。
20150609satsujirou02

このページのトップヘ