今日はかなり冷え込んで、真冬の恰好の人が増えてましたね。自分も風邪気味なので雪だるま状態でした; 銀杏の紅葉がキレイでした。これからすぐ雪の季節になりますね。
20171103gurukun001
今日も山本さんに寄って何か魚を物色。割と高い魚が多く、その中でも安価なのと気分的にもグルクンに決定。久しぶりに唐揚げにしようと思う。というか確かグルクンの唐揚げって作った事無かった!(笑)(注:飲み屋で勝手に揚げた事はある;
20171103gurukun002
でも食べたのは何十匹分に及ぶので、過去を思い出して作ってみよう。何より今の時代はネットで検索すれば何でも出来る!(笑)
20171103gurukun003
改めてマジマジと見ると本当に美しい魚体!グルクンってこんなに丸々してたんですね。全体に硬質な感じだけど、身は柔らかいなと思わせる。それとこの個体はいつもお世話になってるコチラのサイトによると『ニセタカサゴ』になるようですね。ニセって(笑)
20171103gurukun011
腹を開いて内臓を洗い流し、やはり背骨も食べられるようにこのように包丁入れました。刺身に向かないのは、このように身がボロボロになる所と、あと小骨が多過ぎるって事でなるほどと納得。揚げるのが理想な魚でした。
20171103gurukun004
塩を振って冷蔵庫で馴染ませておいて、食前に小麦粉を振って一番の強火で揚げました。
20171103gurukun005
それでも8分かかってやっとコンガリ揚がりました。深フライパンに入り切らない為に、全体に曲がってしまってます。
20171103gurukun006
包丁入れ過ぎたな;でもしっかり揚がってます。
20171103gurukun007
いろんな角度で撮ってます(笑)山本で購入した愛媛産レモンも添えて。
20171103gurukun008
お店に出せる?え?・・・そこまでじゃない・・・(´・ω・`)
20171103gurukun009
では実食!これ揚げ過ぎたかなと心配したけど、身はふっくらと美味しく揚がってます。骨も咀嚼できない中途半端な小骨はあったけど、背骨はしっかり食べられました。頭部も揚がってます。個人的にはもう一分足りなかったかなと思うけど、これで十分でしょう。それでも過去に食べた都内や沖縄でのグルクンの唐揚げを全部含めても
自分のが一番美味かったーーーーーーーーー!!(笑)
大満足の結果でした。ごちそうさまでした。山本さん良いグルクンをありがとう!
20171103gurukun010
で、グルクンの唐揚げが失敗に終わった事を想定してもう一品、フーチャンプルーも用意。もちころちゃんをうるかして軽く絞り、溶き卵と白だしの卵液に浸け込んでからフライパンで焼きました。取り出して、ニンニク、ニンジン、モヤシ、ニラを炒めたら再度お麩も合流し
20171103fuchample01
フーチャンプルーの完成です。簡単でしょう?フーチャンプルーはお麩がフワフワで美味しいんです。一度お試しあれ。
20171103fuchample02
旨味として創味シャンタンDXなんかも使ってるけど、自分は自炊の場合、食後に舌に旨味が残ってるのを激しく嫌うので、すごく絶妙な塩梅ですと自画自賛しておこう(笑)つかもっと味濃くていいよ、何ビビってんだっていう位の薄味でした(笑)
20171103fuchample03
フーチャンプルー材料)
もちころちゃん麩(溶き卵、白だし)、ニンニク、ニンジン、モヤシ、にら、米油、創味シャンタンDX、塩胡椒、花かつお、紅ショウガ


おうちごはんランキング

にほんブログ村 料理ブログ おうちごはんへ
にほんブログ村