先日作った水だしのオクラがかなりの粘り気で、それを応用して「山形のだし」を作ったらどうか?と思い付き試してみます。元々自作の山形だしにはオクラを刻んで入れてたけど、先にオクラだけ刻んで水に漬ける程の粘りは出ないので、今回は別々に仕込んで後で合流させる方法で作ります。
20180724yamagatadashi01
先にオクラ以外の野菜を刻んでお酢を加えた白だし液に漬けておきます。茄子、きゅうり、大葉、ミョウガ、生姜。
20180724yamagatadashi02
オクラは刻んで同じ白だし液に漬けます。粘りが濃い目になるように水分は同量くらい。
20180724yamagatadashi03
翌朝。ちゃんと強力にネバネバしてます。
20180724yamagatadashi04
だし本体と混ぜ合わせて、味は後で微調整してひとまず完了。
20180724yamagatadashi05
晩飯は新しい「ゆめぴりか」の七分づき米にかけていただきます。しかしこのゆめぴりか、ほぼ白米状態で胚芽がほとんど残っておらずガッカリ。やはり五分づき位が一番扱いやすいかな。で、今回の山形のだしは、ご飯と一緒だと入れ過ぎたお酢の酸味も気にならなく美味しい。特に醤油垂らす必要もなかったです。今までのだしではご飯からこぼれてしまってたけど、今回のオクラのトロミでご飯にしっかり絡んで食べやすかったです。
20180724yamagatadashi06
しかし山形のだしだけじゃアッサリし過ぎるだろうなーという事で、豚バラと長茄子のオイスターソース炒めも用意。うん、作って良かった(笑)乱切り茄子は素揚げして正解。炒め物の茄子は素揚げしないと美味しくないね。豚バラも脂が甘くてウマし。
材料)豚バラスライス、長茄子、米油、唐辛子、オイスターソース、スイートソイソース、胡椒、糸唐辛子
20180724nasubuta
投げ売りされてたトウモロコシが甘っ!考えてみたら今年初か。結局遅いランチであんなに食べたのに、夜もしっかり食べてしまいました;
20180724toumorokoshi