街中に出たので、再び博多一幸舎へ。今回の目当てはマー油たっぷりの黒ラーメン。
20171220ikkousha01
昼の部閉店30分前に入ると、満席。というか椅子とカウンタの上に荷物置いてたら座れないでしょババアおばさま。なのでお客が出てこられるまで少し外待ち。
20171220ikkousha03
店内入った瞬間猛烈な豚骨臭なんだけど、すぐ鼻が慣れます。まだまだ店内に染み込むほどの歴史じゃない。これからです。黒ラーメンに替玉に餃子にライスを頼みました。食い過ぎってレベルじゃねぇ(笑)
20171220ikkousha04
黒ラーメンの登場。しかしこれはマー油だけの黒さじゃないなと思ってたら
20171220ikkousha05
ひと口啜るとニンニクじゃなく黒ゴマの香ばしさ!あ、そうなんだ(笑)え?ゴマなんて使ってない?じゃあ自分の鼻がバカなんでしょう。しかしこのお店、やっぱり美味い。美味いけど、ストレートのスープの方が豚骨そのものを味わえて好きかな。
20171220ikkousha10
最初はカタで。やはりここではカタがいい茹で加減。
20171220ikkousha06
で、餃子。博多の一口餃子だけど羽根無しタイプ。美味しいです。ビール下さい(笑)赤い薬味はかんずりでした。もしくは赤ごしょう。多分。きっと。どこまで自分の舌に自信無いの(笑)
20171220ikkousha08
必然と言う名の欲望(笑)
20171220ikkousha11
で、こうなっちゃうじゃろ?(笑)替玉はハリガネで。やっぱりここの麺はカタが良い。若い頃は生煮えで硬いほど喜んでたけど、今考えたらバカじゃないかと思う。スープに馴染まないし持ち上がらないしね。
20171220ikkousha07
食べてる間に他のお客もご帰宅となり、また自分一人だけの空間に(笑)折角だから色々聞きたかったけど、もう少しお馴染みになったら色々訊いてみよう。てか店長は昼のお兄さんではなく、夜に出てる方みたいですね。今日もノンビリ味わってまた完飲完食。骨粉も底に溜まってます。これが5年10年と経てば、骨粉も泥のように溜まるようになりますから、札幌市民はこのお店を存続させないといけない。今回も大満足の豚骨ラーメンでした。ごちそうさま。
20171220ikkousha09
替玉券は二枚貯まりました。まだ使いません(笑)