2017.6.26 南高梅購入
2017.6.28 漬け込み

2017.7.10 赤紫蘇追加


2017.6.26 
南高梅購入
去年生まれて初めて作った2㎏の梅干は、色んな方にお裾分けしてたら自宅で食べる分がほとんど残らず(涙)でも作り方は分かったので、今年はその4倍の8㎏を仕込みます。
20170626nankoubai01
先週、当初生協で注文しようと思ってたけど、同じみなべの南高梅が平岸の八百屋「ゆあさ」さんでもっと安く取り扱ってたので、急遽こちらで取り置きをお願いしてました。
完熟しプラム香がプンプン。しかしまだ青い実もあるので、もう少し追熟します。
しかしさすが4Lだけあって、すごく大粒。これは出来上がりも期待できます!
20170626nankoubai02

2017.6.28 
漬け込み
たった二日常温で追熟させてただけで、梅に斑点が出始め、かなり熟々してきたので急がねばならなくなりました。お昼を食べてから、豊平のホームセンターに行くと、13Lまでの小型ポリバケツしかない。ニトリに行くと、もっと小さいものしかない。ならばと西岡のホーマックまで行って、やっと大きいサイズをゲット。気持ちの良い天気なので、このままどこか遠くに逃げたい(笑)
20170628umeboshi01
まずは梅のへそを取って、アルコールで拭く作業。拭いたら漬物用ビニール袋を二重に敷いたバケツにポイポイ突っ込んでいく。使う塩は梅の20%で1.6㎏。昨年は塩分濃度18%でした。この下準備作業が8㎏分もあると地味にツライ。
20170628umeboshi02
天塩を二袋買っておいて良かった。塩の事は全然頭から抜けてました(笑)
20170628umeboshi03
梅の袋を結んだら、水の入った袋を乗せて、水の上りが遅いようだったら更に水を増やして様子見します。とりあえず、これで一段落です。
20170628umeboshi04
2017.7.10 赤紫蘇追加
塩漬けから丸12日経過、ここで赤紫蘇を加えて色を付ける作業です。白梅干もいいなと思ったけど、ゆかり用に大量に赤紫蘇を漬けたいので、結局全部赤紫蘇梅干にします。
20170710nankoubai
八百屋さんに赤紫蘇を4把お願いしてたんだけど、「それじゃあ多すぎる」と言われたにも関わらず、去年他店で買った量を考えても「?」だったので、やはり4把入荷してもらった。そして受け取りに行くと、こちらの予想とは違う殺人的な量でした(笑)
比較対象物が無いのでわかりづらいけど、リビングのテーブル2/3の長さ。なので2把に減らして買ってきました;すみません。1把¥598。茎だけで結構な重さです;
20170710akajiso02
毟るだけで20分以上かかりました。葉だけでも凄い量です。実際この鍋の二倍量です。後半は指を鉤爪型にしてすき取る方法をマスターする(笑)後で葉の根元を取る方が早い。しかし洗ってる時に気が付く、この量を塩揉みするだけの粗塩が無い! という事で夕方涼しくなってから買い出し。雨が降って一気に気温が下がった・・・かと思ったら湿度アップで死ぬ。
20170710akajiso01
とにかく揉んで揉んで灰汁抜きと水分抜き。二回目の塩揉みでここまで少なくなりました。しかし塩分量間違えてかなり塩辛い。水加えて絞ってみたけど大丈夫かな・・・
20170710akajiso03
そこに梅酢を加えると鮮やかな赤色に!もう驚きません(笑)紫蘇を食べてみて、元の梅酢より少し塩辛い状態だけどこれを梅に加えます。
20170710akajiso04
ビニール袋に穴が開いてるのか、梅酢が少し漏れ出てたのでビニール交換。まだ液状化してない塩の塊が底に溜まってたので廃棄。今回塩分20%と多めだったので少し減っても問題無いでしょう;とりあえずこれで密閉して、数日おきにカビが生えてないかなど様子見チェックしつつ、8月までおやすみなさい。これで仕込み編その一は終了です。
20170710akajiso05