今日の昼に買出しで3km程歩いたけど、風が強くてスマホアプリの体感気温マイナス8℃表示はウソじゃなかった。そんな寒さの中イヤーマフ忘れて激しく後悔。耳が千切れます;; 道路の雪はだいぶ減ったけど、逆にツルツルの危ない道になってて恐ろしい。

先日、荘内麩(庄内麩)という山形の板状のお麩を買ってきてたので、何か出来ないものかと考えた末、これを包みにして春巻風包み揚げに挑戦してみる。断面を見ると、二枚重なってるように見えるので、これを開けば包み揚げに使えるだろうと判断。
20170219shounaibuage01
水でうるかすと、ボロボロと溶けた感じになる。こりゃいかんと思ったら・・・
20170219shounaibuage02
一枚には開かないので、包丁をそっと隙間に入れて開くもこの有様。考えてみたらお麩なのですよ。水分吸ったら崩壊するに決まってます; 慎重に水気を切って乾燥しないように濡れペーパーに挟んでしばし待機。小麦粉はたいてシソ、肉餡、春菊、菜の花と乗せていき、クルリと巻いて行きます。どうか形になってくれー!
20170219shounaibuage03
何とか巻けました。ものすごくユルユルなクレープ生地のような状態なので、このまま持ち上げて油に入れるのは至難の業。しかも生地でコーティングしないと油の中で絶対爆発する。お麩が乾燥して崩れないよう水分をだいぶ残してるので・・・(逆効果?
20170219shounaibuage04
なのでかんぴょうを買ってきて巻いてみた。横に切れ目が沢山入ってるので焼け石に水;
20170219shounaibuage05
それを硬めの天ぷら生地に潜らせて、5~7分揚げて完成。うーん天ぷらを作る気は無かったんだけどな(笑)
20170219shounaibuage06
すごくカラッと揚がってるように見えるじゃないですか?でもシットリふにゃふにゃ(笑)これ美味しいのかな・・・と手製なんちゃってポン酢をたっぷりかけてかぶり付くと、これが美味しいのなんの(笑)食感は湿った天ぷらだけど、味は上々です。予想ではお麩がカラッと揚がってるイメージだったけど、まぁ美味しければいいや。あと、残ったお麩は味噌汁に入れて消費したけど、ハッキリ言おう!お麩は汁物に使う方が美味いと(笑)
20170219shounaibuage07
追記)ちなみに断面を見るとこんな感じです。キレイに開けると思い込んでしまったけど、ちゃんと開けたのは2枚だけでした。余ったお麩は翌朝味噌汁に入れて食べたけど、やっぱり汁物の方が味が滲み込んで美味しいです。とても美味しいお麩だと思います。包み揚げに使うために作られたお麩ではないのです(笑)
20170219shounaibuage08
材料)
荘内麩、肉餡(豚挽肉、長ネギ、生姜、自家製干し椎茸&干しエリンギ、塩胡椒、醤油、酒、小麦粉、全卵)、大葉、菜の花、春菊、かんぴょう、天ぷら生地(小麦粉、冷水、全卵)、キャノーラ油、なんちゃってポン酢(醤油、白だし、レモン果汁、冷水)、レモン