家族の誕生日なので、とりあえず刺身の盛り合わせを造ろうと山本まで歩いて行く。疲れました。5~6km程度でも解けかかった緩い雪道は心身ともに疲れます; 帰りは市電に逃げました(笑) 立派なブリでも売ってりゃ、一本丸ごと買って捌いてやる!なんて思ってたのに、あったのは小さいフクラギ(ブリの幼魚)。フクラギじゃ脂の乗りは期待出来ないので、養殖の真鯛、スズキ、生ダコの足を購入。刺身、お吸い物かな。
20170210sasimimori01
そんなに大きくないスズキ、千葉産。お腹も張ってないので肝や白子など期待できそうに無い。とにかくヒレが硬くて凶器そのもの。左手だけ軍手して、右の素手の爪の間にブスブス刺して悶絶。もうその時点で注意力を殺がれてしまい・・・
20170210sasimimori02
ひどい下ろし方でひたすらゴメンナサイ・・・千円近いスズキをロクに皮も引けない有様; でもほら!お吸い物の方に身が一杯!(笑)思ったとおり肝と白子がすごく小さかった。
20170210sasimimori03
今度は失敗できません!本命の真鯛。熊本産の養殖鯛。
20170210sasimimori04
一応こっちはキレイにおろせました。鯛を捌くのは初めてだけど、浮き袋あるんですねぇ。骨も皮も引いてペーパーに挟んで寝かせておきます。
20170210sasimimori05
さて夕飯。お造りなかなか上手く出来た・・・かな。久しぶりの鯛の刺身は本当に美味しい。
20170210sasimimori06
上手い構図で写真撮るの難しい; 盛り付けもちゃんと勉強しろと;;
20170210sasimimori07
飾りと鯛の土台と練習を兼ねて作った大根の「けん」(ツマ)が美味しいと好評。ワカメも好評。なんだそれ(笑)けんは刃が真っ直ぐな菜切り包丁が無いとダメですね。
20170210sasimimori13
スズキの刺身。味見の時点で旨みに乏しいなと思ったので半身だけ刺身で、後の半身は天ぷらで用意。しかし刺身も醤油を付ければ別物に変化。
20170210sasimimori08
このスズキの天ぷらがまた最高!スズキって魚は生よりも、加熱した方が圧倒的に旨みが出てすばらしく美味しくなる。箸で持ち上げただけで崩れそう。そして口に入れた途端ホロホロと舌の上で解れて行く。これ最高!今夜のメニューで一番の傑作でした。今後スズキを見つけたら、刺身は無視して揚げ物です。絶品!(写真は椎茸の天ぷらも込み)
20170210sasimimori09
スズキのアラはお吸い物に。これまた超傑作!塩と白だしと生姜だけなのに、もんのすごく美味しい。やっぱりスズキは加熱前提でした。浮袋や胃袋、白子なんかもごった煮にしたので、どの部位も美味しくいただきました。本当に刺身が一番イマイチな魚です(笑)
浮袋がハンペンのような練り物のような、独特の食感で美味!
20170210sasimimori10
生ダコ刺し、ウマイ。本当なら皮と一緒に吸盤も取るようだけど、自分は吸盤と足肉のコンビが好きなのでそのまま出しました。
20170210sasimimori12
正月明けに注文した宮城県柴田郡の酒、乾坤一の純米吟醸原酒。これが一ヶ月ベランダに出して我慢してきた甲斐がある程の美酒!宮城にこんな美味い酒があったんだという感想。悩んだ挙句これに決めた自分、グッジョブ(笑)
20170210sasimimori11
家族の誕生日をダシにして、料理と酒を楽しんだゲスな自分です(笑)