昨日の暖かさから一転して、予報どおり暴風雪で一気に積もりましたね。マイナス4℃の外を薄着で歩き回るとそれでも汗かきます。脂身たっぷりデブだから ってうるさーい
20161206sukiyaki01
先日購入のインドネシア産乾燥コンニャクを使って、すき焼き風煮にしてみます。
肉はもちろん、豚肉です(笑)子供の頃から道産子の母からスキヤキは豚と教えられてきたので仕方ない。でも今の自分は牛肉自体食べないので問題無しです。
20161206sukiyaki02
番外。料理の仕込み中、玄米茶も久しぶりに作ってみる。玄米を炒って炒ってひたすら炒るのみ。そこに煎茶を加えて更に炒ると、部屋中茶香炉を焚いたように良い香りが充満します。
20161206sukiyaki03
休憩お茶タイム。ホッとする美味しさ^o^ 市販品より自分で作る方が香りも段違いです。
20161206sukiyaki04
今日も買ってきました、山形ハッピー豆。ただしこれはその内に。今夜は白だしと淡口醤油に浸けておいた浸し豆。これ美味しい。数の子があればもっといい!(笑)
20161206sukiyaki05
本題のすき焼き。リビングで鍋が出来ないので(自粛)、フライパンで仕込んでいただきます。
20161206sukiyaki06
自画自賛、割り下が完璧すぎて最高に美味しい。インドネシアの乾燥コンニャクは、すき焼きにも最高の相性でした。太くて弾力もあり、味の染み込み加減も生卵の絡みも最高の最高づくし。これ食べたら普通の白滝が物足りなくなりますね。キロ¥198の長ネギが甘くて美味しい。焼き豆腐もしっかり美味しい。豚肉も旨味が濃くて大満足の美味しいすき焼き「風煮」でした。ごちそうさま。
ちなみに我が家では昔から、大阪出張の多かった父の影響ですき焼きは関西風の作り方でした。
20161206sukiyaki07
すき焼き風煮材料)
割り下)
酒150:味醂100:淡口醤油50:白だし50:甜菜糖小匙3&胡麻油(コンニャクの潤滑油)
乾燥コンニャク、豚切り落し、焼き豆腐、椎茸、春菊、長ネギ、えのき、
浸し豆)
秘伝ハッピー豆、淡口醤油、白だし、水&花がつお