常々美味しい醤油が地元のスーパーに置いてない、あっても高い銘柄、そんな不満タラタラな生活を送ってましたが、先日のイナダの件で不満爆発。ついにネットでお取り寄せする事にしました。
安くて美味しい醤油、甘い醤油を中心に選ぶと、個人的に好きな九州の醤油が多くなる。ケンコーコムにて送料無料にするためのまとめ買いと、何種類も味見したいという事で、結果5本も購入してしまった(笑)注文した翌々日早朝に到着したので非常に早い対応だと思う。ありがたや~!
この五銘柄で料金は¥2500足らずです(送料無料)
20161016shouyu
左から小豆島のマルシマ以外は全部九州メーカー。
自分の定番のひとつ、大分のフンドーキン。今回は初めてのあまくち。
フンドーキンの淡口(うすくち)。
初めての長崎のチョーコー 純正醤油濃口。
ここも初めての熊本のホシサン あまくち。
20161016shouyu2
今朝はホシサンのあまくち醤油を、コロッケに垂らしていただいてみる。相手がコロッケだとさほど甘く感じないけど、美味しいです。全部一気に開封する訳にもいかないので、今回はホシサンとマルシマだけ開けて先に使います。

と言う事で、初めての醤油を買ったらお猪口の湯に垂らしてテイスティングでしょ(笑)
右の「ホシサンあまくち」はこのままで旨味十分。煮物で早速使いたい。
左の「マルシマ」はすっきりしてカツオ昆布出汁に合わせたら絶対旨い。お雑煮に使いたい。
20161016shouyu3
九州の醤油と言えば・・・
忘れもしない2006年大晦日(紅白歌合戦のあの裸騒動の瞬間を見ながらなので覚えてる^^;)、熊本出身者のお宅で初めて刺身を甘い醤油で食べさせられた時に、「うへ!何これ!こんなので刺身食えるか!」と思ったのが第一印象。しかし結局その日は普通の醤油もあったにも関わらず、刺身を全部甘い醤油で食べてしまった程気に入ってしまった(笑)基本酒飲みなので甘い調味料は使わない人間なのだけど、それ以降考えが変わってしまったほどの強烈体験でした。去年から東南アジアのケチャップマニスやスイートソイソースを料理に使ってたけど、和食にはやっぱり九州の甘口醤油を使いたい。これでまたお刺身を甘い醤油で楽しめます^q^

しかし原材料を調べてみると、甘い醤油の甘味料って甘草や人工甘味料のサッカリンがメインで、自然の砂糖使用は皆無だったので割り切るしかない。しかし中でもアセスルファムKなどふざけた人甘を使ってる商品もあったりで、自分としてはちゃんと確認して買わないと廃棄することになってしまう。アセKやアスパルテームなどに比べたら、サッカリンなどは可愛いものです。もちろんサッカリンを使う意味も全く理解は出来ないけど。そこまでしてコストダウンされなくても、良い物は買いますよ。むしろ不要な食品添加物を除外する事でアレルギーが軽減されて、消費者には良いことしかありませんから。花粉症やアトピーなど、毎日の食品が悪化の原因だと理解してない人が多すぎます。