今までずっと欲しかったのに買わなかった物の一つがこのヨーグルティア。
欲しいアイテムだったけど、自作ヨーグルトは湯煎だけでもう5年くらい作り続けてきたので、いつの間にか必要なくなってしまった。しかしヨーグルト製作の為ではなくザワータイクやヨーグルト酵母、塩麹などに必要になった為に購入した。30℃の低温をキープするのにはどうしてもこいつが必要です。ヨーグルトや麹だけでなく、肉の低温調理にも使いたい。使い道は幅広いです。
amazonでポチった時は¥6733だったのに、到着した後の値段が¥8480。たった4日ほどの間に¥1747も跳ね上がってて青ざめる。価格変動恐ろしい!!
20160130yogurtia01
中身は至ってシンプル。本体と内側プラ容器二つとスプーン。容器を熱湯消毒して、まずはヨーグルトを作ってみましょう。牛乳1000mlに種菌100gで40℃7時間。後はおまかせ、ものすごく楽!
20160130yogurtia02
一晩冷蔵庫で冷やしておいて翌朝に実食。
左がヨーグルティア、右が湯煎のヨーグルト。それぞれ甜菜糖一杯ずつかけていただきます。
20160131yogurt
正直言って違いは分からない(笑)ヨーグルティアの種菌は10%だけど、湯煎の方は20%ほどの違いがあるので、仕上がりの時点での硬さは湯煎の方がしっかり固まってる。でも食べるときにはもう変わらない気がします。酸味は時間が経ってる分、湯煎の方が少しだけ酸っぱいかな?程度。
ヨーグルティアで作ったヨーグルトには全く文句無いです。なんでもっと早く買わなかったのかと、今回も後悔しました; ヨーグルトだけでなく色々なものに利用してみます。

余談。
ヨーグルトの種菌は今は「R-1」だけで作ってます。インフルエンザや花粉症対策で色んなヨーグルトを試してみて、残ったのがR-1でした。実際この7年間インフルには罹ってません(スミマセン1回しかの間違い;)。風邪も悪化する前に治ります。もちろんヨーグルト以外の発酵食品や抗酸化食品の組合せのおかげもあるので、ヨーグルトだけで健康になれるとも断言できませんが、毎日食べた方が良い食品のひとつではありますね。