今回、澄川の生鮮プラザで「ガヤ」が安かったので買ってみた。釧路産。買うのも食べるのも初めて。北海道では大衆的な魚らしいけど、同類のソイや柳の舞は良く見かけるのに、この魚は全然見かけないのは何故だろう?一尾¥198だったので3尾購入。
20151030gaya01
どの個体もおなかがパンパンだったので期待してた通り、肝(右下)と卵巣(左)が入ってた。ついでに胃袋(右上)も洗って一緒に煮付けましょう。
20151030gaya02
今回の煮汁比率は酒2:醬油1:味醂1:甜菜糖小匙3杯。今回は薄味比率です。生姜も加えて中火で15分煮付けます。今回はフライパンにビッシリなのでスプーンで煮汁をかけながら煮ていきます。
20151030gaya03
完成実食
お昼の激辛大一番でまだ胃袋がおかしい。そんな時に煮魚はホッとする。それにしても毎回、激辛食事の次は煮魚のパターンが多いのは何でだろう?(笑)ではいただきます。
今回薄味比率の煮汁にしたのは、盛り付け後の煮汁に水溶片栗粉でトロミを付けてかけたかったから。この照り、ツヤどうですか、お店で出てくる煮魚っぽい!(笑)
20151030gaya04
煮付けてから6時間。程よく味が浸み込んだ上に、トロリとした煮汁が抜群の効果。何でもっと早くこうしなかったんだろうな。煮汁にトロミをつける。たったこれだけで200%美味しくなりました。今度からそうしましょう^^
20151030gaya05
肝も卵巣も胃袋も、身も皮も目玉も全部美味しくいただきました。ただ小骨多すぎて疲れました;でも味の良さに面倒さは関係ない。だったらカニなんて食えませんから(笑)

・キャベツとガゴメ昆布と柚子の浅漬け
昨日のロールキャベツの残りのキャベツを刻んで塩もみ。その時点でツマミ食いしたら、塩味(天塩)だけなのに滅茶苦茶美味い!!素材が良ければ塩だけで良いと言う好例。だとしたら、あれこれ凝って作ったロールキャベツの立場はどうなるのだ(笑)昆布トロトロ、柚子の香りも良し。適当にチャチャッと作ったほうが美味しいんだから悲しい;;
20151030asaduke
材料)キャベツ、ガゴメ昆布、柚子皮、塩、酢